いつでも石垣島を15000マイルで往復する方法

今までも紹介してきたが、国内線特典航空券を利用するとシーズンで異なり、ハイシーズンで石垣島を往復すると23000マイル必要になる。
これを年間通じて15000マイルで往復する方法がある。

国際線特典航空券を利用する

国際線特典航空券は国内線を2区間を無料で利用することができる。


石垣→那覇→羽田→(海外)→羽田→那覇→石垣

同じところへは戻れないので、

羽田→那覇→羽田→海外のようには利用できない。

そこで、前回はこのような経路で特典航空券を利用した。

羽田→石垣→名古屋→香港–(鉄道)–広州→羽田→稚内

実際には稚内便が欠航してしまって行くことができなかったが、この経路は単純に羽田=香港往復と同じマイル数。ただ、かなり重大な欠点があって、それは経由地に24時間しか滞在できないこと。

24時間以上滞在したかったら、ストップオーバーする

ストップオーバーとは24時間以上その土地に滞在することで、乗換であるトランスファーと異なり、別料金が必要になることが多い。航空券の条件で一度ストップオーバー可能とあれば、経由地で一度24時間以上滞在して再度目的地に向けて出発することができる。

ストップオーバーするには、提携航空会社特典航空券を利用する。
具体的には、このような例にすれば石垣島に滞在できる。

羽田→石垣(ストップオーバー)→羽田・成田以外→韓国→羽田・成田以外→羽田・成田以外→羽田

羽田・成田以外は文字通り、羽田と成田以外のANAが就航している土地ならどこでもいい。
羽田以外からスタートした場合は、その空港に最後に戻りたいのでその空港以外を経由地にする。

中部国際→石垣→羽田→韓国→新千歳→仙台→中部国際

この経路では、石垣か仙台のどちらか一方に24時間以上滞在できる。

この経路は年間を通してエコノミークラスなら15000マイルで全区間利用ができる。韓国には必ず行かなければならず、韓国に行かなかった時点でその先の航空券はすべて無効になる。
韓国は日帰りでもいいし、福岡からなら1時間ちょっとで行くことができる。
これを利用して、日本全国行かれそう。