東京湾の魚

三浦の地魚が食べられる居酒屋で、何年かに一度くらい行く。

お刺身盛り合わせがウリなので、注文。1980円税抜き。

いちばん手前がマイカ(スルメイカ)時計回りにお店と同じ表示で、スミヤキ、タイラガイ(愛知)、クロダイ、本カツオ、イワシ、まぐろ、桜海老沖漬け(由比)

スミヤキってなんだろう、その場で調べるとクロシビカマス。骨が独特なので、さばくのが少し難しいそうだ。


(HONDA釣り倶楽部より)

スミヤキはどこかで食べたことがあるが、とてもおいしい魚。この盛り合わせではカツオがイマイチ、味がない。マイカもあまり。
今日の盛り合わせは満足度があまり高くなかった。

もう一つのウリがまぐろなので、マグロのエラ肉刺しとマグロカツを注文。

ニンニクと塩が沈んだゴマ油で食べる。レバ刺しと同じ食べ方で、コリコリした食感で黙って出されたらマグロとは気がつかないかもしれない。

そして、マグロカツ。思った以上にボリューム満点。共に580円。

身はふっくらとしていて、とてもおいしい。

メトイカの天ぷら、メトイカ?その場で調べると、小ぶりなケンサキイカをいうらしい。これも食べる!

丸ごと揚げてあるのでワタもおいしい。濃厚でちょっとしつこいのでたくさん食べられない。空豆は皮ごと揚げると皮がカチカチで食べられなくなることを発見。

揚げ物にはビール、サッポロ黒生を頼んだらこれが出てきた。こっちの方がおいしいからいい。アルコール6%(少し高め)原料は麦芽とホップだけ。

お刺身盛り合わせは注文しないで、他のおつまみを食べた方がお得かも。日本酒もいいラインナップ。たっぷり一合で680~1000円くらい。