フードプロセッサーが逝ってしまう

前々から挙動があやしかったフードプロセッサー。
ついにうんともすんともいわない。手で軸を回そうにも回らない重症な状態。
15年使ったので諦めて捨てることに。歯の切れ味もそれほど落ちていないし、モーターも回るのにちょっともったいない。

毎日使うものではないにしても、これがないとほぼできない料理もある(包丁でたてけば不可能ではないが)
次を買わないといけない。15年間でそれほどの進化もなく、6000円くらいの安いものを買うか、20000円くらいの業務用にもなりそうな高級機の二択。
6000円ではAmazonでPanasonicのものが一位になっていて、同じくらいの値段でテスコムのものがある。よく見ると、Panasonicの口コミにはだまされた、というものが多く、よく読んで見ると、紹介ビデオは上位機種のもので、この6000円弱のものを買うと、切ることしかできず、混ぜたりおろしたりはできないらしい。
テスコムは切るだけのスピードカッターではなく、こねたり混ぜたりおろしたりできる、フードプロセッサー。Panasonicも中国製なので、選ぶ意味もない。

結局テスコムのものを購入。これまた珍しく、コジマの通販がいちばん安かった。おまけにビックカメラのポイントがつかえる。ポイントがつかない特価品だったので、ビックカメラのポイントが有効に使えた。
せっかくなので近いうちに、ハンバーグか餃子を作ろう。鶏つくねもつくりたい。