レッツつぼ八

札幌市で8坪の店からスタートしたつぼ八。全国で300店を超える居酒屋チェーン。はじめて行った。
おっさん相手の古くさい居酒屋では商売にならないので(とっくになくなっているはず)おしゃれなメニューがたくさんある。

アイスウエッジサラダ。知らなかったので調べたら、アメリカでは有名なサラダらしい。4等分したレタスで作ると。

盛りつけが目新しいだけで、中身はシーザーサラダ。カット野菜を使っていない証拠でもある。

メガ盛りキャンペーン、今日まで、メガトンテキ(1ポンド=450g)1199円。

薄甘い感じの味付け。うちはしょうゆだけでしょっぱいので、たまにはいいかな。味付けがちょっと物足りない。

お店で切っているというラムステーキ、626円。

切っているのはお店だけれど、調理したのはタマネギやアスパラと共にセントラルキッチンの感じ。冷たいままの某チェーンよりずっとまし。

店内は分煙、個室なので居心地はいい。個室なのでお通しは378円もするが、もつ煮と冷たい茶碗蒸しから選べた(全員もつ煮だが)

瓶ビールも480円(税込み529円、スーパードライだが)安めで、甘太郎よりは上かも。料理、分煙、ビールの価格で考えるとトップクラス。
養老乃瀧が分煙、禁煙になったら通うかも。

鉄信

鉄信という会社がある。その名の通り、鉄道の信号、信号システムを開発販売している。偶然問い合わせをいただいたお客さんがこの会社の方で、横浜の営業所に信号機があることを伝えるとご存じなかったらしく、会社の方に尋ねたみたい。

正確には神奈川工事所で、第一京浜沿いの神奈川新町駅近くにある。

会社の商品のアピールというか展示なのかと思ったら、社員の方が上り下りの訓練などに使用しているのだそうだ。信号機というと日本信号と京三製作所が有名だが、鉄信は信号機そのものよりもトータル的な信号システムを得意としている会社なのかもしれない。

横浜の室内ビアホール

ビールが売りのお店でもお子様メニューがあって、お子様歓迎。
飲食業が家族連れを無視できないのはわかるけれど、はっきりいって小さな子どもの騒ぐ声や音の中でお酒は飲みたくない。

ベルギービールを飲んで、

ソーセージを食べて、

残念ながら1500円超えなのに、いまいち。

カツカレーはまあまあおいしい。

ラゾーナ川崎

川崎駅西口の東芝工場の跡地に2006年に開業したショッピングモールで、今年新しい改札口ができたおかげで、飛躍的に利便性が向上した。

ラゾーナ広場

みんな人工芝に座って、ちょっと変わった雰囲気。
以前このステージに水谷豊さんがやってきて、入りきれないくらいものすごい人になったことがあった。
ラゾーナを突き抜けたバス乗り場から、横浜駅行きの横浜市営バスが出ている。
横浜市営バスが川崎市に来ている変わった例。

グラスが違う!と思ったら

本当にハッピーなハッピーアワー。グラスビールが480円はあまりハッピーではないが、仕方がない。

ビールがやって来た。

限りなく小ビールに近い大きさ。ちょっとがっかり。

よく見たら…

これで何もかも許されると思うなよ。

※ちなみにジムビームハイボールも全然違う。イメージだからな。

新横浜花火大会

18年ぶりに横浜市港北区での花火大会ということだが、これは来年の予行演習的なものだそうだ。来年が区制80周年、ラグビーワールドカップ大会も行われるからで、準備が必要なことから平日開催で花火も30分間だけというもの。

ハマトラベルに貢献していただいているお客さんを招待した。珍しく若い女性も。

薄暮の中の花火から、終わる頃にはすっかり夜のとばりも下りた。

約4キロ先なので迫力には足りないが、なんといっても混雑のない高みの見物。
若いっていいなあと考えながら、もっと一日一日を大切に生きなければと思った。

肉の仕込み

ホームパーティーのために徒歩40分の食品館あおば六角橋店へ。
豚のハツ、レバー、カシラを買う。
すっかりはまった低温調理、カシラはふつうの豚肉と同じくらいの価格で高め、レバーとハツはその半額くらい。
カシラは薄めなので、65℃20分、その他は65℃で30分でやってみる。

ハツは今まであまりおいしいと思わなかったが、焼くよりもうんとおいしい。そしてカシラはかなりおいしい。これも焼くよりおいしい。鶏のたたきに近い、それも地鶏のたたきのように旨みたっぷり。

問題は明日来る若い女性がこの類いが好きかどうか。若い女性が来るときもブレてはいけない。

豚レバー低温調理

低温調理、もっとおしゃれな料理名はないか。
コンフィは?
調べてみると、コンフィは油の中で低温調理すること。低温調理と言っても、100℃程度なのでいわゆる低温調理は65℃以下なのでだいぶ高い。
さらに、コンフィはもともと保存が目的で作られたようで、油の中につけたまま保存すると長持ちするらしい。

豚レバーを低温調理した。65℃で30分。これなら衛生的に問題ない(と思う)

レバ刺しよりも火が通っている感じで(あたりまえ)しっとりとしていて、なかなかおいしい。表面を炙っただけで中が生よりも手間をかけるだけメリットがあるようだ。
辛子しょうゆ、にんにくしょうゆなどで食べた。結局は焼き肉屋のメニューのようなものでおしゃれな料理にはならない。マスタードソースでもつくったらいいのだろうか。でも結局はしょうゆがおいしいステーキと同じだな。

 

梅干し完成

土用干しした梅干し第一弾が完成した。
乾燥させてぱさぱさした感じ。時間が経つと塩がこなれておいしくなるらしい。
残りも干したけれど、残りは朝になると夜露のせいか梅酢が浮き出ている。また昼に乾燥するを繰り返している。

梅仕事という言葉があるが、なかなか奥が深い。梅干しは結局はおいしい梅から作ることが大切なことなのだけれど。

いつのまにかダイヤモンド

お店を探そうと、横浜駅の相鉄ジョイナス(最近は相鉄はつけない、ダサいから)のフロアマップを見ると、横浜駅西口から地下に潜った場所が載っている。ここはダイヤモンド地下街じゃん、と違和感。ジョイナスが妙に広い。ジョイナスといえば、屋上に彫刻があって、いつのまにか高島屋の屋上にいる不思議な空間。地下街と屋上だけのイメージ。実際は5~9階が駐車場で、それ以外にはきちんとテナントが入っている。

そして、ここはダイヤモンド地下街じゃんの場所はジョイナスになっている。検索するとダイヤモンド地下街は経営統合して2013年にジョイナスザ・ダイヤモンドになり、2015年末にはジョイナスに統合されてダイヤモンドは消滅していた。

さらに、1969年にダイヤモンド地下街の名称で開業し、1984年にはザ・ダイヤモンドに改称していた。ハマっ子でもないくせにダイヤモンド地下街の印象が強いのはなぜだろう。
考えてみると高校になって横浜に行くようになり、しょっちゅう遊びに行くようになった。どこのお店に行くでもなく、ただ横浜が好きで。川崎じゃないし池袋でも吉祥寺でも、ましてや千葉でもない。

ジョイナスの中の一角にテイクアウトのお店が集まるダイヤ・キッチンという名前にかろうじてダイヤモンドのかけらが残る。

キリンビール横浜工場

今年は勉強もあるし旅行は控えて横浜を楽しもうといろいろ考えている。近所のキリンビール横浜工場もそのひとつ。

週末はずっと終日満席

最終のコースが16時集合のもので、工場見学の後17時過ぎに3杯まで試飲できる。考えることは同じで、午前のツアーは比較的余裕があって、最終は8月の終わりまで空きがない。昼間ビール3杯飲むとその後が少し心配。そこそこ大きなグラスなのですよ。

1~2名なら飛び込みでもいけるかもしれないが、今から予約してしまおう。

土用干し

梅干しの土用干しをすることにした。瓶からそっと取り出して、干物がのっていたざると何か果物がのっていた(たぶん)ざるの上にのせて干す。
前回は白干しだったので気にならなかったが、今年はシソ入りなのでいろいろなところにこぼれて赤くなる。

うちは北西向きなので、昼間は日が当たらない。西日に期待しよう。

この土用干しの効果は、乾燥させて味を凝縮させる、夜露にあたることでふやけて、干して固くなるを繰り返して柔らかくなる、保存するための殺菌効果などだそうだ。
地域によって出したり入れたり、梅酢に戻したら戻さなかったりいろいろあるみたい。
ときどき日繰り返して、三日三晩外に出しておく。
ひっくり返しながら、ちょっとかわいく感じた。