相鉄ローゼン大口店閉店

ぽつぽつ雨は降っていたものの、せっかくだから最終日にも行ってみよう。

久しぶりに見たちんどん屋さん。ちんどん屋さんという言葉は放送上望ましくない言葉になっているが、職業として使うには問題ないそうだ。いけないのは、ちんどん屋みたいな格好、これが職業差別になるらしい。

近所の電気店の新装開店

今日で閉店。

相鉄ローゼン大口店

店内はほぼ売り尽くし。

1000円のシマホッケの干物を半額で買った。サンマ5匹分…

交番の前の黄色いキバナコスモス(サンライズ)がきれいだ。

キバナコスモス

初サンマ

試験も終わって(まだ口述試験があるが)晴れ晴れした気持ち。
体調はいまいちなので、リハビリを兼ねて近所のスーパーへ。
やっとサンマが100円になっていたので購入。

塩焼きのコツは塩を多めにふることくらい。大きく分けて、スーパーの一匹100円のサンマと、デパートなどで売られている一匹398円のサンマ。デパートの方がいいに決まってる、と思ったらそうでもない。デパートのものは当然脂ののりがいいのだが、その脂がお刺身にするとしつこすぎる。スーパーのサンマは脂ののりが悪く塩焼きにするとサッパリしてしまっている。
だから、酢にでもしてお寿司にするならいいが、お刺身は安いサンマ、塩焼きは高いサンマでするとおいしい。

dav

余分な脂が落ちるところがおいしいこと、と土井善晴先生がおっしゃっていた。
ただいまモノマネ練習中。

海事代理士試験を受験

2月頃から勉強を始めた海事代理士試験。海事代理士ってなに?は置いておいて、昨年の宅建士試験あと1点で不合格が悔しくて、行政書士試験で勉強した法律の勉強法も活かしたい、そんな思いで受験することに。
二連敗は恥ずかしいのでこっそり勉強。今年の夏は仕事が暇だったのを幸いにけっこうみっちり勉強。
後半は腰も痛めて、腰をかばいながら受験場へ。実力と腰が不安な試験は初めて。

試験場は関東運輸局がある横浜第二合同庁舎。東京の人たちが横浜に受験に来るのは珍しいはず。関東運輸局の範囲は、山梨、茨城にまで及ぶのでこの方たちは前泊したのだろう。
そして、試験は平日の9時から17時で18科目を4時限に分けて行われる。試験時間の割に問題は少ないのでほとんどの人が途中退室する。

試験場は1階の講堂のようなところを二室つかっていた。
そして、控え室も用意されていた。このような情報はまったくないので紹介しておこう。

途中退室して3階に行ってみると、海事代理士試験室という部屋が控え室だった。元々はここで試験が行われていたが受験者が増えてこの部屋では対応できなくなったのだろう。普段は何に使われているのだろう。
イスだけが並べてあり、みんな黙々と勉強している。その中でいびきをかいて寝ている男。すげー余裕なのかまったくダメなのか…
いびきは本人は気づいていないのだろうが、部屋の全員を敵に回した瞬間。

腰をかばいながら、勉強の成果を出し切ることだけ考える。となりの男はひとつ書いては消しゴムごしごし、長机なので揺れるんだよ、落ち着けよって感じ。
受験番号は見てきたので発表を見てやろう。
試験時間は1時間30分、1時間、1時間50分、1時間50分の4時限で18科目。
こんな長い試験はセンター試験以来。すべてが終わると模範解答が配布されるのが模試みたい。

平成30年度海事代理士試験模範解答

中身は見ずに桜木町から慣れた道を帰る。
採点はドキドキ。今までできていると思っていたのに解答と違うことが多かったから。

憲法から採点する。憲法6点。こんな書類も配布された。

ボーダーは6割なので、憲法はこれでいい。元々4点くらいでもくろんでいる。これができるのなら去年の行政書士はもっと得点できたかもしれないから。
口述試験でもある4科目は20点で、その他は10点満点で220点満点。

過去問で2点を記録して誰もが捨てている科目、民法。全範囲からまんべんなく出題されていて、他の分野がすべて満点近いからやることないから勉強する、または司法書士やごくまれに弁護士先生も受験しているので、その方たちは余裕の問題。

採点すると、穴埋め(5点)は全滅だったものの○×は満点で5点。これが2点だとさすがに厳しいので少し良かった。そして最後のネックである商法。なんと8点。国土交通省設置法は8点も取れたのでいい感じ。

2時限目は15/20、10/10、16/16と高得点をキープ。
3時限目は10点満点で10、8、9、7、6、7とすべて6割以上と奇跡の出来。
そして最後の配点70点ある4時限目。
18/20、19/20、10/10、8/10、9/10

出来る人の解答に自分でも驚く。合計得点は179点。なんと81%の得点率。
これだけ取れたことを考えると、今年の合格点は6割ではなくて、全受験生の平均得点率になりそう。それでも7割にはならないだろうから、これならほぼ安心して次の口述試験対策に望める。

決戦は金曜日

最後の一日。最後の一秒まで諦めない。

生徒にいつも言ってきたことだ。

金バッチを目指して(ヤクザか!)

往生際悪くやれるだけやる。

この日は何をしたか8

都営バスのイベントに出かけた、2009年。晴海だったので都営交通一日乗車券を買ったのだと思う。

バスの部品販売で、こんなものを買っている。

小滝橋営業所のバスだと書いてあった。もう一つは、次止まりますの押しボタン。

スカイツリー建設中。

王子駅から新宿駅という長距離路線に乗ったのだった。途中で運転士が交代したり、関東バスと同じ区間があって、むこうは10円高いのでこのバスに10円余計に払う人続出。10円返すシーンを何度も見た。

このあと新宿から新高円寺に行って、叔母夫婦の喫茶店に行った気がする。

この日なにをしたか7

2007年

京急の三浦半島フリーパスを使って2日連続三浦の日。当日は城ヶ島へ。

城ヶ島灯台、日本で5番目に点灯

今は引退した車両たち。

オールプレイヤーだった1000形
今年引退、いちばん好きだった2000形
城ヶ島から油壺へのバス

この車両もいまはもういないはず。よく見ると、共通カード取扱車。共通カードももうない。

ついこないだ、早11年。恐ろしい。

この日なにをしたか6

2016年

ツーリズムEXPO(旅行博)の業者招待日に参加。

パンフレット類はほぼ捨てて(嫌なやつ)ノベルティだけいただく。知り合いに誘われてまた別な日(一般の日)に行くと、この日もらったものが抽選だったり、まったくくれなかったりして業者は少し優遇されているのがわかった。
今年は試験勉強で行かれないのが残念。

この日なにをしたか5

2014年

野生動物に目を向けて、有害鳥獣対策など考えましょうよ、イベント。
この後猟友会に入って本格的に狩猟を始めようと思って訪ねるが猟友会は極めて閉鎖的で、車もないことから簡単に断念。
鉄砲で猟をするわけで、誰でもどうぞということではないのは当然のこと。逆の立場で訳がわからないやつ、危ないやつが入ってきたら嫌だもの。至極納得。

夜は居酒屋に行ってこんなのを食べている。相変わらず。

チェーンの居酒屋でも幸せなひととき。

この日なにをしたか4

2003年のこの日

千葉県市原市でパソコンスクールをやっていて、この日はお客様の老人クラブのお仲間にパソコンを紹介するイベント(のようなもの)を開催。
この頃は国を挙げてIT講習をしていたときで、みんながパソコンに目が向いた頃。
これも2年くらいですべて売り払って、なぜか池袋に引っ越すことになる。

こんな感じでやっていて、後に配置を変える。

これらはほとんどお客さんや知り合いに譲渡。
ほぼ買った値段で売ったのは内緒。

船員法の出題を勝手に予想する

自分のための研究。船員法は最後の問題が記述で、条文から出るもの、条文と同じでないといけないのか、キーワードが入っていて意味があっていれば点をくれるのか不明。配点1点のときもあるので、それなら部分点は存在しないだろうし。

20年 船員からの雇入解除ができるときについて3つ(3点)(法41条)
21年 就業規則に定めなければならないこと3つ(3点)(法97条)、海員の定義(2点)(法2条)
22年 船長が船内に備え置かなければならない書類3つ(3点)(法18条)、船長の命令で従事して労働時間の規程が適用されないもの3つ(3点)(法68条)
23年 船舶所有者からの雇入契約を解除することができる3つ(3点)(法40条)
24年 就業規則に定めなければならない4つのうち、給料その他の報酬以外の3つ(3点)(法97条)
25年 時間外労働に関する協定において定めなければならいこと4つのうち、労働時間の制限を超えて作業に従事させることができる期間及び時間数の限度並びに当該限度を遵守するための措置以外の3つ(3点)(規則42条9の2)
26年 船舶所有者からの雇入契約を解除することができる3つ(3点)(法40条)
27年 4時間を限度として時間外労働を行わせることができる、航海当直の員数を増加するとき「船舶が~するとき」で2つ(2点)、 船長が船内に備え置かなければならない書類のうち、船舶国籍証書…海上運送法…以外の3つ(3点)(法18条)
28年 定期検査をはじめて受けるとき、海上労働検査申請書に添付しなければならない書類で、臨時海上労働書の写し…以外の~の写しという形で2つ(2点)、救命艇手を選任しなければならない船舶で、平水区域を航行区域とする船舶以外の2つ(2点)(救命艇手規則1条)
29年 船員法111条、船舶所有が国土交通大臣に報告しなければならない事項(その他国土交通省の定める時効を除く)を除く2つ(2点)、
船長が船内に備え置かなければならない書類、船舶国籍証書…積荷に関する…海上運送法…以外の2つ(2点)(法18条)

同じ内容は2年連続で出ない、ということは18条はないとして、2年前の科目が出ていることがあるが28年はかなりマイナーな出題。特に後半は誰ができたのだろうという問題。ということで、繰り返し出題されている法40条の船舶所有者から雇入契約を解除できるを完璧にしておこう。

第四十条 船舶所有者は、左の各号の一に該当する場合には、雇入契約を解除することができる。
一 船員が著しく職務に不適任であるとき。
二 船員が著しく職務を怠つたとき、又は職務に関し船員に重大な過失のあつたとき。
三 海員が船長の指定する時までに船舶に乗り込まないとき。
四 海員が著しく船内の秩序をみだしたとき。
五 船員が負傷又は疾病のため職務に堪えないとき。
六 前各号の場合を除いて、やむを得ない事由のあるとき。

第四十一条 船員は、左の各号の一に該当する場合には、雇入契約を解除することができる。
一 船舶が雇入契約の成立の時における国籍を失つたとき。
二 雇入契約により定められた労働条件と事実とが著しく相違するとき。
三 船員が負傷又は疾病のため職務に堪えないとき。
四 船員が国土交通省令の定めるところにより教育を受けようとするとき。

ついでに41条も抑えておこう。口述試験対策にもなる。

この日なにをしたか3

2007年9月20日5:35

磯子駅前の団地に住んでいて3ヶ月目あたり。部屋からは東京湾が見えて、晴れた日は千葉の対岸まで見えた。景色は良かったけど、上がうるさくて10ヶ月で引っ越すことになる。

日の出の横に見えるのはガントリークレーン(通称キリン)というコンテナ船からコンテナを運ぶもの。UFOキャッチャーみたいなイメージ。

なぜこんな早く目覚めたのかは不明。あれからもう12年か…

この日なにをしたか2

有明海

2015年のこの日、成田から佐賀空港、有明海の干潟にいました。

道の駅ではさっき見たムツゴロウ素焼き。佃煮にしたり、地元では普通に食べられている食材らしい。