フィリピンと接する

外国人の知り合いを作ろうと、facebookのグループに入った。日本人が管理するページでは日本人ばかり挨拶して意味がないので、外国人が管理しているものにした。要するに、日本人の友だちをつくろうという主旨のページ。
登録して投稿すると反応があったり、友だち申請もたくさんくる。登録してから気がついたのは、そのグループは管理者がフィリピン人でメンバーの多くはフィリピン人だった。
メッセージもよく来て、女性の場合は二言目には結婚しているか聞いてくる。そして、離婚したりはじめから結婚していないシングルマザーがとても多い。
ANAのマイルが得なのでマニラに行こうと調べたことがあるが、空港から市内に出る地下鉄がないので、ほぼタクシー一択。アジアのご多分にもれず、タクシーに段階があってかなりひどい。
いろいろ調べるうちに嫌になって、唯一の長距離列車のビコールエクスプレスが復旧でもしたらまた考えることにした。
ただ、同じフィリピンでもセブはかなり治安がよく、財布を落としたら届けられたというエピソードがあるくらい。セブの知り合いもできて、日本で結婚して子どもが日本とセブにいるらしい女性。今度セブ来るか?みたいに軽く言ってくる。大家族のファミリーのようで、そこに泊めてでもくれるのだろうか。そういうのはかなり苦手なのでホテルに泊まるが、それ以前にセブもなあ。
一生懸命一日9時間働いても日本円で2万円程度らしく、仕事もあまりない様子。だからみんな日本で仕事がないかとか、仕事を紹介してくれと言ってくる。そのたびに、日本は外国人労働者を受け入れていないとか、特別な技能がないと就労ビザが下りないと説明する。それくらいのことは自分で調べられるだろうに。
行ったことないフィリピン、行かずしていろいろわかってきた。