東急7700系、銀色電車のルーツがついに引退

東洋経済の記事から。

https://toyokeizai.net/articles/-/249815

足回りは30年前に更新したものの、52年間走った車両。
これが養老鉄道に渡って、さらに30年使う予定らしい。
もともと非常に高価な車両であって、更新の時もかなりの費用をかけたものだが、現在の鉄道車両と比較してどうなのだろう。
当初15年で使い捨てという概念の車両は更新されて、25年経った今でも運転されている。
あと30年といえば、生きているかどうかもあやしい未来。なんか感慨深い。