湘南でスペイン料理

バーカウンターがあって大画面テレビではスポーツ中継がされている。

テーブル席ももちろんある

店内は広くてきれい。
テーブルに置いてあるフォークやナイフの箱に立ててある、なんだろう。

取り出してみる

なにか混ぜるのだろうか、他のテーブルを見渡すと、箸置きであることがわかった。フォークレストというのか…

瓶ビールが480円とは大衆酒場に近い価格。グラスビールが550円なのでこちらの方がかなり得。ワインも2000円程度のものがグラスで550円なのでこちらも安い。

前菜三種

左のホタテのマリネのようなものは甘すぎて残念。テリーヌは上だけソースがかかっていて、下をたべたぼくにはソースなし。シェアをするにはスープは不向き。

自家製ソーセージ

自家製ソーセージと白インゲンを煮込んだもので、おいしいのだけれど、脂が多いのとしょっぱい。ということは、体に悪い感じ。残念。

スペイン産赤豚肩ロース炙り

季節野菜添え、チンゲン菜だった。オーブンで焼いたらしいぱりぱりしたチンゲン菜は意外においしい。まねしよう。
フォンドヴォーマスダードソースとあったが、ウスターソースとしょうゆとマスタードで似た味が出せそう。これもまねよう。

どれも十分おいしいのではあるのだけれど、提供が少し遅いのと残念なことが少しずつある感じ。しょっぱいのはダメだと思う。
店内禁煙は素晴らしいし、飲み物が安いものは安いのでなおさら残念。