台湾ツアーのコアな鉄道

台湾鉄道ツアーの下見ですが、よろしければ同行される方も募集いたします。
今回はツアーではなく、同行していただきますのでメリットとデメリットがあります。

メリット
台湾鉄道の稀少な車両に乗ります
鉄道に乗るのが目的のツアーです
お客様のご要望にお応えできるツアーです

デメリット
ホテルはビジネスホテルです
食事は食堂やお弁当です
現地の鉄道状況によって行程が変更されます

日程
2月28日(木)~3月4日(月)
途中からでも行程によってはご参加できます。
私共は那覇から台北、台北から福岡へ参ります。

お客様とは台北の桃園空港から合流いたします。
解散も桃園空港を予定しています。出入国の手続きなどはお客様ご自身に行っていただきます。

全国どこからでもご参加いただけますので、お気軽にお問い合わせください。

今回の目玉

イタリア製のつりかけ駆動の特急電車に乗車します。つりかけ駆動ですが比較的新しく、1990年前後の車両でチョッパ制御です。つりかけ駆動でチョッパ制御は日本にはない形式です。

EMU300形(Wikiperiaより)

南アフリカ製、日本合作の特急にも乗車予定です。現地ではシマウマ、日本ではチキンラーメンなどと言われています。

EMU1200形

お客様のご要望で、旧型客車にも乗車できます。この場合は台湾一周になると思いますので、行程がきつくなります。

彰化車庫見学も予定しています。日本のC12と同じ形式のSLもあるそうです。

Wikipediaより
Wikipediaより

「台湾ツアーのコアな鉄道」への1件の返信

コメントは受け付けていません。