横浜市大腸がん検診の結果

一昨年、肺がん検診で要精密検査になって何事もなく終了したが、今回は大腸がん検診で要精密検査になってしまった。
ちょうどいいい機会なので、5年ぶりに大腸内視鏡検査を受けることにした。

さらについでに、胃がん検診(内視鏡検査)、前立腺がん検診(初デビュー)、肺がん検診も一度にやってしまおう。

調べてみると、大腸潜血検査、便に血がついている(陽性)と判断されるのが、およそ7%、さらに陽性の20%くらいでポリープがみつかり、晴れて大腸がんと判定されるのが2~4%らしい。5年前に検診しているので、万一がんだとしても悪くてステージⅡくらいなので大したことはない。

面倒なのは、その前準備。前回の医院では空腹で行って、病院で下剤を飲んでいくつもあるトイレに同じ格好をしたおっさんがかわるがわるトイレに行くシステムだったが、今回は自宅で準備をしていくタイプ。医院はすぐ下なので、自宅で行って行った方がいいに決まっている。

ありがたくないドリンクセットを受け取って、火曜日に実施。
近親者に大腸がんが何人もいるので、検診は絶対に必要だから仕方がない。