バレンタインデー

バレンタインデーといえば、なんとなく期待をしつつ何もなかった思い出。
中学三年の時、後輩や塾の同級生みんなにチョーダイとあらかじめ言ってみる。
当日や塾は直近の日に合計6個もらう。本命はなくても、かわいい後輩にもらえたのはうれしかった。
意気込んでホワイトデーの買い物をすると、一か月分のお小遣いで足りず貯金を下ろした記憶がある。
たくさんもらっても意味がない、そう悟って言わなくなった。

それがバレンタインデーの思い出かな。