平成最後の…

平成最後のという言葉があふれてる。
うちは、平成最後のタケノコ(たぶん)

千葉のお客さんに朝獲れたものをいただいた。

たぶん市原市産

小さめのが4本くらいと大きめが1本。
いただいたおうちでは食べ飽きているらしい。
茹でてあるものは結構お高いので、うちでもあまり食べない。所詮野菜だし。

朝獲れということはアクが少ないので、米ぬかを入れないでいいだろう。唐辛子は科学的根拠はあまりないらしいので入れない。いろいろな情報で1時間ゆでるとあって、大きさを考えて40分で様子を見たら煮えていた。
圧力鍋に工夫して組み合わせて入れたらちょうど入った。もう一本も入らないくらいキッチリ。
冷めたので取り出して皮をむくが、貧乏性なのでここは食べられるのではないかと食べながら捨てる。上の方はどこまで食べられるかよくわからないので、このまま水につけて母にあげよう。

タケノコはお肉と煮るとおいしいので、奮発して半額の牛肉を購入!

挽き肉だけど。

まあまあのデキ

だしが出ればいいのだから、挽き肉で十分。大きめの一本で作って、おいしくできた。少し食べ飽きたので、挽き肉だけ拾ってごはんを炊いて、炊けたところでタケノコを混ぜておかしなタケノコごはんも三合出来た。

青椒肉絲は牛肉を買わないといけないし、季節ものだから一回食べればいいや。