かんたん塩レバー

いくつかの行きつけのスーパーで新鮮な鶏レバーが手に入る。
いちばん食べやすいのはレバーペーストだとして、次に食べやすいのがこの塩レバー。

塩レバー

食べかけをフラッシュ点灯で撮影したのでヘンな色。

作り方はきちんと作ると面倒だけれど、アバウトでもうまくいく。

レバーは新鮮なら洗う必要はない。適当な大きさに切って(2~3つに切るくらい)塩をふる。重量の10%と書いている人もいたが、大さじ1杯くらいだろうか。そのまま食べたらしょっぱすぎて食べられないくらい。
数時間~一晩が定番で、一晩冷蔵庫に入れて水分を出した。

塩出しをしてもいいし、しないで洗うだけでもいい。塩加減は好みだし、作ってみないとわからない。
熱湯を用意してレバーを入れたら、沸騰させず80℃くらいに保って10分くらい茹でる。ガラガラ煮ると火が通り過ぎてぼくぼくのパサパサになってしまう。

ざるにあげてそのまま冷ませばできあがり。白髪ネギとごま油で食べるとおいしい。
最初の塩加減と塩抜きは何回か作ってみるしかない。かなり塩をしても、一定量しか細胞には入らないと思うので、多めで大丈夫。

鶏レバーのおいしいレパートリーひとつ増えた。