べろべろと治部煮とおいしい魚

金沢がメインテーマのお店。石川県のすべての酒蔵のお酒があるのが自慢。

なんだろう、べろべろ。

べろべろ

煮こごりに玉子が入っていて、祝い事などで食べられるらしい。寒天なのでゼラチンの煮こごりと食感が違う。思ったより大きくてびっくり。

お刺身盛り合わせは1980円と高めだが、どれもとてもおいしい。

盛り合わせ

甘エビから時計回りに、スズキ、なんとクジラ、カンパチ、真鯛、真ん中がミズタコ。
カンパチはまあ普通として、その他はどれもおいしい。クジラか…と少しがっかりしたが、これまたクセがまったくなくおいしい。スズキもバカにしていたがおいしい。
白身魚に日本酒、日本でしか楽しめない無敵の組み合わせ。

治部煮はなにかが間違っている漢字。

治部煮

だしが多すぎるのか、味はそれほど悪くないにしても見かけが悪い。
本来はこういうイメージ。

のとやWebサイト

汁物ではなく煮物なのだから。
すだれ麩という平べったい麩が入っているのと、わさびが特徴。

日本酒のチョイスに失敗して残念だった。おいしくない石川県のお酒は覚えたのが収穫。