寂しい在庫整理

売れ残ってしまったJRの乗車券類を払戻に行く。
なぜなら、新子安駅はみどりの窓口が10年以上前に廃止されたから。ちなみに今は子会社に駅の業務も委託している。

何かの時に駅員に話したら、となりの東神奈川、横浜か鶴見までのきっぷをくれると言われて知った。払戻額が20万近いので、大口駅では5万円くらいしかないと言われた(それはわかっていた)

ある意味レア

当然自動改札は通れないので、端っこの有人改札、それも外人だのごちゃごちゃしているところを通らないといけない。

みどりの窓口は午前中だったので若干すいていたが、それでも30分並んで待つ。昼近くになると行列はさらに長くなった。
無事に払戻を済ませて横浜駅を徘徊するがとくに面白くないのとあまりに暑いのですぐに帰る。
払戻作業はまだまだ続く。