カツオのたたきをおいしく食べる

カツオのたたきを週に数回食べる。そんなに好きなのかというと、頻繁にスーパーで半額で売られているから。お刺身と違って、次の日でもほぼおいしく食べられる。今は冷凍ではない生のものが出てきた季節でおいしくなった。
戻りがつおが旬だと思われているが、カツオの本来の旬は冬だ、と海原雄山も言っていた。

薬味たっぷりで、といきたいところだが、へたをすると薬味だけでカツオの価格を上回ってしまう(カツオはだいたい500円以下の半額くらい)

最低限、ショウガとニンニクは必要でタマネギもほしい。タマネギは切って水にさらして酢醤油と一緒にカツオと共に食べていたが、タマネギに一手間かけたらおいしくなった。

タマネギにオリーブオイルと酢と塩をまぜた簡易ドレッシングをあらかじめかけて味をつけておく。カツオにだけしょうゆなり酢醤油をつけて、タマネギはそのまま一緒に食べるとおいしくなった。
バランスが悪く、タマネギが残った時にでもおいしく食べられる。
おいしいぼで山岡かカツオの刺身をマヨネーズで食べて漁師が偶然みつけたと言っていたが、たたきの場合でもマヨネーズはまあまああう。
まだまだ飽きずにカツオのたたきを食べる方法を模索しよう。