年賀状縮小ムード

毎年だいたい元日に着くように年賀状を出していたが、こちらが出したので返してくるのなら、こちらが出さなければ向こうも出さなくてもいいのでは、と思って元日に来なかった人は今年から出すのをやめた。
すると、去年は遅かったのに今年は元日に来る人が想像通りいた。
達筆であればそれほど苦でもないのだけれど、印刷して一言書かないならもう送ることもないと思うので、ちょっと重荷。
子どもの頃に一定期間書道をする機会があって、字がそこそこきれいな人は一生を通じて得かもしれない。
これからも字を書く機会はどんどん減るだろうが、まったくなくなることはないだろうし。