一眼レフを持ってハンマーヘッドへ

市場横の三井倉庫
ポートサイド地区

横浜駅東口からシーバスがやってきた。
一日何本か貨物列車が通る。

クルーズ船専用

となりが大桟橋。
今日は、ぱしふぃっくびいなすが出港予定。

26518トン

日本のクルーズ船としては大きさで第二位だが、一位の飛鳥Ⅱはおよそ5万トンなので大きく水があいている。

船尾の向こうに我が家が見えた

1914年に設置された日本で最初の50トンハンマーヘッドクレーン。長崎港、佐世保港、この横浜港に現存する。歴史的遺構の土木遺産。

高さ約30メートル

2020年春にはクレーン下の公園も整備される予定。

羽田空港行き?

羽田空港行きか来たのかわからないが、所要時間90分で2500円。かなり限定的な運航で本格的に軌道に乗っていない模様。

みなとみらい最初のランドマークだった、インターコンチネンタルホテル。

帆を表しているらしい

クルーズ船が出るときに振ってほしいと黄色いタオルを配っていた。返すのだと思ってフンッと思っていたらもらえるらしい。
次は素直に振ってあげよう。