京急ミュージアムオープン!

京浜急行の本社が品川から横浜に移転して、本社ビルの一階に京急ミュージアムがオープン。

開館日の開館時間の予約が当選。

オープニングセレモニーが終わったところ
中川家礼二さんも参加

5つのコーナーに分かれる

  • 01 京急ヒストリー
  • 02 京急ラインジオラマ
  • 03 鉄道シミュレーション
  • 04 バスネットワーク
  • 05 マイ車両工場
  • 06 屋外展示・ケイキューブ

01 京急ヒストリー

このミュージアムの目玉、デハ230型の展示。

デハ200形
昭和53年に引退

埼玉県の川口市立科学館の公園に展示してあったものを2年かけて修復。

展示してあった頃、かなりボロボロ。
2年かかるのも納得。

産経フォトより

車内には懐かしい展示

10両増結と12両編成のニュース
ノザワ松坂屋は伊勢佐木町松坂屋の前身
2000形デビューと引退ニュース
湘南電気鉄道時代
クリックで拡大
海水浴案内

新子安付近も海水浴場があり、駅前には売店がたくさんあったそうだ。

京浜~の駅名時代
イラストつき

パンフレットにも観光地のイラスト付き路線図があった。

ドアが開閉する

突然ドアが開いたり閉まったりする!

外に車掌スイッチがあり、それを操作するとこの車両のドア(ひとつ)が開閉する仕組みだった。前後ではなくまさか外で操作しているとは夢にも思わない。

アクリル板が貼ってあり、もちろん車外に落ちないようになっている。

ホームを再現

鉄道ファンは普通の人が撮らないものを撮影。

ホームの端には踏切に支障があるときに発光する、特殊信号機。昨年の事故では発光していたにも関わらずブレーキが間に合わなかったことが問題になった。

ボタンを押すとしばらく点滅
点滅
外から

どこから入れたのではなく、電車はまだビル建設中に搬入した。

02 京急ラインジオラマ

京急沿線を模型化。100円でおよそ3分間800形の運転台で模型の運転をすることもできる。

車両にカメラが積んであってモニターに映る
八重山陸橋と品川駅

駅の配線はリアル。
JRの車両は動かない。

羽田空港
品川神社と富士塚

実物の品川神社

大師線小島新田には「けいきゅん」が
上大岡京急百貨店の物産展だそうだ
大師線にデハ230形
横浜駅周辺

ランドマークタワーのとなりが、京急本社社屋。

京急ファインテック久里浜工場

左には黄色のデト、右奥には旧600形が安置。

葉山マリーナ
ヤマハマリンクラブより
ボートレース平和島!

ボートレース平和島の建物や平和島温泉などは京急グループの経営だから。

これくらいの規模

03 シミュレーション

京急ミュージアムWebサイトより

初級から上級まで4種類7路線運転できる。一コース7分くらいで500円。当日は事前申込みが必要だったので応募せず(あまり興味もない)
音楽館製なので、音楽館の人たちが来ていた。

04 バスネットワーク

実車ではなく模型

行き先は画像右隅に装置があって、22個の中から選んで入力すると変わる。
読めない行き先を表示!

不入斗橋

不入斗橋…IRIYAMAZUBASHI

いりやまず、と読む。大田区にもかつて不入斗村があった。市原市や富津市にも地名があるので、ここだけではなかった。横須賀市の不入斗橋は横須賀中央から5停留所くらい、JR衣笠駅との間くらい。

バスの前に映像が流れていて、バスの運転をしている気分になるというレベル。少しだけ高速バスのノクターン号のポスターなどが展示してあった。

05 マイ車両工場

プラレールを作る

シールに絵を書いてプラレールに貼り付け、オリジナルプラレールを作る。専用の箱に入れて持ち帰る。ここも事前申込みが必要だったが、当日でも受付していた。おもに子供向け、1000円。

マイナビWebサイトより

06 屋外展示・ケイキューブ

イス、のようなもの

行き先や車両にこだわりを感じる。青の左どなりは旧600形、快特三浦海岸行き。

2時間滞在可能だったが、1時間半くらいで撤収。
司会のおねーさん、誰だっけ…なにかで観た…

久野知美さん

ホリプロアナウンス部所属の久野知美(くのともみ)さんでした。
タモリ倶楽部で観たみたい。東武鉄道や西武鉄道(一部)の自動放送も担当している。女子鉄アナウンサーらしい。

2月までは抽選による入場制限があり、3月からは自由に入場できるが、入館無料であるししばらくは混雑しそう。
京急ファンなら一度は行かないといけないスポット。