JAL国際線特典航空券

はじめてJALの特典航空券の予約をした。
一般の方にはあまり影響ないものの、結構致命的な欠点を発見。

国際線特典航空券のルールとしてANAと同様、メインの国際線の他に往復2区間無料で搭乗できる。

新千歳-成田-ウラジオストク-成田-那覇

現在新規航路キャンペーンで往復10000マイルと国内線よりも少ないマイル。
この経路の場合、成田の滞在は24時間以内になる。

そこで、成田-ウラジオストク-成田-新千歳

こんな経路で発券しようと思った。成田には17時前に着くので、自宅で一泊して翌朝新千歳に向けて羽田空港から飛べばいい。

検索して出てきたが画面には、3件ありました。
その3件は成田空港到着の2時間後に羽田空港出発のもの、3時間後に出発、4時間後に出発ですべて当日出発だけ。
その日のうちに新千歳に行く必要がまったくないが、どうにもならない。一説にある片道ずつ検索するといいというのも結果は同じ。
JALに問い合わせてもみたが、ANAのように乗り継げる可能性があるものすべてから選べのではなく、2017年にシステムが変わってからは出てきたものしか選べないらしい。
それでも24時間以内に乗り継げばいいルールは適用されるので、手配はすることはできる。
それは、電話をすること。電話による発券は普通は5千数百円取られるが、それよりはましな1名2160円。
Webでできないからわざわざ電話代と時間をかけて(30分以上つながらないらしい)さらに手数料を取られる。

ルールにのっとっているのだから、できるようにするべきだし、電話でのみ受け付けるのなら手数料は免除するべき。

この発券の仕方がこの旅の魅力なので、JALのマイルを積極的に貯めるのはやはりやめた。