乗ってみたい車両

旅に出られない今、次の旅のことを考える。
旅の大きな目的である鉄道に乗ること、乗ってみたい車両を調べる。

Wikipediaより

国鉄時代に作られた最後の振り子式車両381系に乗ってみたい。数年前に紀勢本線から姿を消して、今や伯備線の特急やくもに残るのみ。
運転区間は岡山~出雲市で関東からはほど遠い。
新型車両導入の話はないものの、40年以上経過した車両はいつ置き換えられても不思議はない。
振り子式車両とは、車体が振り子のように動くことで速度を落とすことなくカーブを曲がれるようになっているしくみ。

産経新聞ニュースより

欠点は揺れが大きく、酔ってしまう乗客がいること。乗り心地はよくないらしい。
現在の車両はあらかじめ路線状況を車両のコンピューターにインプットしてあり、カーブに入る前に車両をゆっくり傾けてカーブに入るので揺れは少ない。

岡山から出雲市となると岡山や出雲市までどうやって行くか、普通車かグリーン車か…
フルムーンパスで乗る列車の候補に上がる。