特別給付金

みんなに交付される10万円、電子申請と郵送申請で電子申請について遅れている原因がわかった。
自治体が作ったシステムと、国がつくったマイナンバーシステムはリンクされていないらしい。
マイナンバーカードを使って申請されたデータが自治体に着くと、プリントアウトされる(この時点でアナログ)
職員が住民基本台帳に照らし合わせて支給要件を確認。大したことを入力しないのに不備が多いらしい。
こんな作業をしているので電子申請しても一向に振り込まれる気配がない。

東京都の休業要請協力金はもっとひどい。4月25日に電子申請したものの、まだ受け付けたという通知も来ていない。全体の3%しか支給されていないそうだ。
これだけITが普及しているのにどうして自治体や国は整備が遅れているのだろう。システムは不思議に思うほど使いにくいもので、稼働時間が決まっていて夜は使えないものも多い。なんのためのオンラインなのかと。
おそらく不正アクセスが心配などの理由で、24時間稼働していないなど民間では考えられない。
いっそ何でも民営化、業務委託したほうがいいのではなかろうか。