豚ハツの低温調理

いつもの低温調理。
豚ハツは豚ホルモンの中では安い部分で、100g68円くらい。
特に下処理をせず、ラップでぐるぐる包んで両端を輪ゴムでしばる。
鍋の水を熱して60℃にしてハツをいれる。浮いてこないように小さなお皿を上からかぶせる。
ちょこちょこ温度をチェックして60℃をキープして60分。
これを3時間つづけても色が変わらないのが低温調理のおもしろいところ。
1センチくらにスライスして、にんにくとしょうがのすりおろしと、しょうゆで食べる。
さっぱりした肉というより、やわらかいイカやこんにゃくのような弾力ある食感。

これからの季節冷たくてもおいしいし、にんにくも食べるのでスタミナもつく。