うどん県へ

はじめて着陸する高松空港

讃岐平野に田んぼが広がる。平成元年に移転する前は田んぼに不時着するのかと思ったら、高松空港に着陸したという笑い話があった。
いまの高松空港は標高182メートルの高台にあって、着陸するときに高台にあるのが見てわかる。

高松空港発、小豆島往復きっぷ

小豆島に行くことは決まっているので、このきっぷを買うが、自販機なのでGOTOトラベルは使えなそう。
その代わり、QuickPayが使えたので実質カード払いと同じだ。

ことでんバスより

3つの港、船会社を自由に選ぶことができる。ただし、ジャンボフェリーの坂手港は利用できない。

きっぷは4枚出てくる。

発売から一週間有効。

リムジンバスは航空便の到着15分後に出発する。
なぜかジェットスター、ANA、JALと時間が近づいていて、少し後にしようとすると2時間後になってしまう。

それでも急いでラウンジへ。

ラウンジ讃岐

航空会社のラウンジはない。2時間制で、ソフトドリンク飲み放題で特に特徴はない。

JAL到着便に合わせたバスに乗る。

新型コロナ対策で最前列は乗れない。運転席の後ろに大型荷物スペースになっている。
古めの三菱エアロバス、仙台空港で利用されていた愛子観光バスの中古車らしい。

高松駅までは780円、降りる予定の瓦町は720円なので割引額が少し減る。

夕方になってしまったので、商店街を散策して部屋飲みの準備。

丸亀名物骨付鳥も買った、芋炊き、地たこ煮物も買えた。

鶏肉で薄味
見た目ほど濃くない味付け