藤沢から大船、10キロ持って2万歩

横浜から東海道線に乗ろうとホームにいると、

乗務員に与える指示が表示される。延発2930(発車は29分30秒)のように発車時刻を表示することもある。
抑止とあるので、この駅で運転を見合わせる。

この先の保土ヶ谷駅付近の踏切の安全確認を行っているらしい。誰かが非常列車停止装置を押して列車は手前に停車して、運転士が現場に行って確認している。さらに戻ってくるまでの時間が必要で、結局15分くらいの遅れで横浜駅を発車した。
最後はこの抑止という表示が早い点滅になって消えた。

近くに玉縄城という北条早雲が築城した城跡があるらしいが、興味もないしこれといった遺構も少ないらしいので行かない。
藤沢からバスで15分くらい、大船からも同じくらいという土地だが鎌倉市に属するため、マンション名が〇〇鎌倉や、鎌倉〇〇(カタカナ名)が多い。鶴見区だが菊名駅(港北区)からバスなので〇〇菊名というマンションよりかなり無理がある。

神奈川の名門校、栄光学園はここにあった。

賢そうな少年たちが勉強の話をしながら歩いていく。大船駅までほとんどの生徒は歩くらしい(15分くらい)
行きはずっと上り坂、帰りはずっと下り坂。

大船観音が見えてきた

大船観音はもともとは全身の予定だったが、地盤が軟弱だったの上半身だけになったそうだ。大船駅は駅の両側でかなり印象が違う。

松竹大船撮影所跡地のイトーヨーカドー

単なる跡地に建てたものなので、当時の面影などはまったくない。
帰って測ると10キロ以上になっていたリュックを背負って横浜に帰る。15分ほど余計に乗るが、乗り換えのない根岸線に乗る。