1回目の新型コロナワクチン接種

時間より早い日にちを優先したので、1545という遅めの時間になった。
ずいぶん前に受けたインフルエンザ予防接種でも打ったところが痛くなったので、きっと痛くなるだろう。

病院に着くと、入り口に受付のような人がいるものの、時間になるまでそこ(待合室)で待つように言われるだけ。

時間になると、「〇〇時の方~」と呼びに来る。2階に上がると、特診室という小さな診察室の前で受付をして、ひとりずつ呼ばれる。同じ時刻の人は6~7人という感じ。少し時間が遅れている。

カーテン越しに呼ばれると、若い女の先生。名札を見ると小児科の先生のようだ。
今日の具合はいいかなど簡単に質問されて、じゃあ打ちますよ。

「いち、に、さん!」プスッ

ふだん子どもに打っているような感じ。インフルエンザ予防接種よりも痛くない感じであっという間に終わり、離れた診察室の前の椅子で15分待つ。

少し早く帰ろうかとも思ったが、前の人が目の前にいるので、なんとなくこの人の次、みたいな感じになっている。それでも作業服のおっちゃんは10分しないうちに帰って行った。

帰り道あたりから腕が少し痛くなって、よる寝るときにはかなり痛くなっていた。
やっぱり痛くなるのか…