いつものように大師橋を渡る

かかりつけ医のところに行き、おしゃべりをして処方箋をもらって帰る。
前回は多摩川の河原を歩いて川崎まで行ったが、今日はいつものように大師橋へ。

右に寺院、その奥に羽田神社という空の安全に関わる神様が祀られている神社がある。

橋から見る多摩川は実に壮大。

川上を望む

特異の建物は川崎大師の自動車祈祷殿。川崎大師からは1キロ近く離れている。

コマツ教習所

重機の自動車学校だが、免許をとるということより、会社から講習を受けに来るイメージ。
見切れている左にはクレーンが設置してあり、訓練を受けていた。

このあと味の素工場がある鈴木町(味の素の創業者の名前)から京急大師線に乗って帰る。
いつもの1500形4両編成と、1000形の銀色編成4両編成が入っていた。1000形は初めて見た。