きつねとたぬき

東洋水産(まるちゃん)のCMのことではない。
関東で関西で違う、きつねとたぬきの違い。

関東の方がわかりやすい。
たぬきは揚げ玉(天かす)、きつねは油揚げを甘辛く煮たやつ
たぬきときつねで、それぞれそばとうどんが選べる。
揚げ玉でそばなら、たぬきそば、うどんならたぬきうどん(少数派)

関西はちょっと複雑。
きつねといえば、油揚げがのったうどんできつねそばは存在しない。
たぬきというと、油揚げがのったそば
ハイカラうどんというのが、天かすがのったうどんらしい(関東でいうたぬきうどん)

関西に天かすがのったそばはないということ。

北海道でたぬきうどんを注文すると、かき揚げうどんが出てくるらしい。
かき揚げは衣が多くタネが少ない、タネヌキ→タヌキ説もある。

これが関西のたぬき。たぬきそばではなく、たぬき。

tenki.jpより

関西といっても京都でたぬきというと、きざんだ油揚げであんかけがかかっているうどんを指す。
関西ではしっかりメニューを確認して注文したほうがよさそう。