羽沢横浜国大駅から

新子安、鶴見、東神奈川駅などから羽沢横浜国大駅まで、あるいは直通運転先の相鉄線方面への道のりを考える。

JR東日本より

羽沢横浜国大から先は相鉄線海老名まで直通運転される。
羽沢横浜国大から新子安までの経路を考える。簡易路線図上では羽沢横国大の次が鶴見になっているが、実際の列車はホームもなく通過する。大森や大井町は東海道線の駅だが、ホームもなくいわゆるオレンジと緑の東海道線は全列車通過するのと同じ。

羽沢横浜国大の次の停車駅は武蔵小杉、そして西大井、大崎と続く。だから、実際にはこのような乗車経路になる。

羽沢横浜国大→(鶴見通過)→(新川崎通過)→武蔵小杉→新川崎→(鶴見通過)→横浜→京浜東北線→東神奈川、新子安、鶴見

鶴見駅はなんと2回も通過してやっと行き着くという状態。

または、武蔵小杉から南武線に乗り換え(乗り換えが遠い)川崎から行くこともできる。
ちなみに料金は羽沢横浜国大から次の停車駅の武蔵小杉が310円、鶴見が170円という逆転現象。
相鉄線には横浜から乗ればいいのと、羽沢横浜国大は今のところ行くことはないので、さほど問題にもならない。