らっきょう発見

歩数を稼ぐために遠出をしようと、大倉山へ。
いちばん遠い次点でなんと、らっきょうを発見。
安売りの八百屋であることと、いちばんはじめに出回る鹿児島産、つぶが大きい、緑っぽいなど問題がありそう。

1キロくらい

洗って皮を剥く、工程はこれで90%終わる。
やってみるとわかるが、薄皮と皮の微妙な境がわかりにくい。むきすぎてはいけないし、きちんとむかないと歯ごたえが悪い。成長力が強いので買ってきたらすぐに加工しないといけない。
暑い中歩いてきて、流しが低いので非常に苦痛。
塩分はらっきょうの10%くらいで常温で発酵させる。
途中、ゆすったり蓋を開けてガスを抜く。いちど、炭酸水のように吹き上がったこともある。
一週間くらいで発酵したら冷蔵庫に入れれば、1年でも2年でももつ。1年くらい経つと甘みが出ておいしくなる。
塩漬けなので薄い塩水につけて塩抜きして食べる。

大きい、緑で心配
Translate »