新潟から青春18きっぷ、振替輸送で上越新幹線

順調に航海したようだが、遅れの予定通り遅れて時刻通り到着。
新潟港に着くとバスが待っていると思いきや、バスは定刻に出ていると。16時まで来ないので近くのバス停である末広橋まで10分近く歩く。雪がない、雪が降っていなくてよかった。

バスは遅れて到着し、渋滞で遅くなった。出発まで1時間を切っていて、今から新潟県の地域クーポン券6000円分を使わないといけない。予め決めてあるものをビックカメラで購入。余った1000円で日本酒の四合瓶を買いバッグに詰め込む。

駅前にあった真新しい看板。遅すぎる。
滋さんは亡くなってしまったよ。

いまさら何の情報が

新潟駅でばたばたして、普通列車の長岡行きに乗車。すいていて余裕で座れる。

乗り換えしやすくなった新潟駅
E129系

新潟地区を代表する車両。水上までずっとこの車両の予定。
クロスシートがあるが、一両に4ブロックと少なめ。

さすが豪雪地帯、真っ白な中を進む。

新潟1322→長岡1322 1348→水上1548

小出、只見線は乗り換え。ただし2時間後。

夕方の只見線はガラガラらしい。

越後湯沢が近づくと、この先の越後中里で工事車両が故障していると。乗客がどこまで行くかひとりひとり車掌が聞いている。
越後湯沢から新幹線の振替輸送になるか…期待。
越後湯沢に着くと、運転を見合わせるから降りろと。

駅員に聞くと、振替輸送はしません、バス代行はしません、急いでいるなら新幹線をと。
できる限り新幹線には乗せたくない、前例を作りたくない。ここで乗客をふるいにかける。あきらめて新幹線の特急券を買う人もいる。
ただ、普通乗車券なら高崎まで1700円くらいの特急券で済むが、青春18きっぷの場合、乗車券と特急券の両方が必要になる。そうなると一人3570円。二人で7000円超え。
先程の列車が越後中里まで運転するというが、乗って行ってもしょうがないので振替輸送に期待。

寒い駅でしばらく待つと、水上駅より先に行くお客様は改札口までお越しくださいと。新幹線に乗せるとは言わない。
たにがわ412号(ガーラ湯沢から来たやつ)に乗れることになった。

越後湯沢1601→高崎1630 たにがわ412号

高崎には1656着予定だったので、30分近く早く着くことになった。

大宮に1821に到着。ホテルにチェックインし荷物をおいて、京浜東北線で隣の駅である、さいたま新都心のヨドバシカメラへ。
取り置きしたものを地域クーポンで精算、配送を頼んでホテルに戻る。20時過ぎていた。

これで旅のほとんどが終わった。明日は横浜に帰るだけ。
近くにさいたま市博物館があるが、28日から休館しているのが残念。
運転を見合わせていた上越線は、17時50分頃運転を再開したらしい。待っていたら(振替輸送がなければ)大宮には2126頃到着と大幅に遅れた。前にも一度、越後湯沢から振替輸送で新幹線に乗ったことがあるがおもしろい経験をした。

Translate »