必勝態勢に入る

試験が近づいて実力が伴わないので不安とストレスがのしかかる。
京急のどこまでも行かれる乗車券があって楽しみにしていたのだが諦める。
去年は1点で落ちたので、試験は違うものの緊張する。
ボートレーサーが言っていたが、7割はメンタルだと。あと数日気持ちで負けないで勉強し続ける。
というわけで、ブログもしばらく内容が薄いものになるでしょう。

みなす、推定する

法律でよく出てくる言葉。ぼんやりと日本語ととらえておくと理解ができない。

みなす…くつがえらない
推定する…くつがえるかも

こじまくんを怠け者とみなす。
ぼくがどんなに勤勉になってもずっと怠け者のまま。

こじまくんを遊び人と推定する。
毎日仕事をしていたら、なんだ遊び人じゃなかった、とくつがえる。

たったこれだけでも法律が理解できること、理解できないことが変わることがある。

尻手の鍼灸院へ

尻手は川崎から南武線に乗って一駅目。
川崎を発車すると大きく右にカーブして、曲がり終わった頃に到着。
ここから南武支線が浜川崎に向かって延びる。

はじめて降りた

すぐ近くに第二京浜国道。
それほど絶大な効果を感じず鍼治療は終わる。次回からどこか保険で鍼だけ受けられるところを探そう。整体はどうも効果を感じられない。

川崎駅まで歩いて、予約したやきとりを受け取って帰る。川崎はいつ来ても活気があるというか横浜と違った賑やかさがあっておもしろい。一人だと居酒屋に勧誘されることもないし、Gパンでどう見てもお金を持っていなそうだし(実際持っていないのだが)

リボ払いという地獄システム

毎月のお支払いは一定金額!
買い物をすると、所定の金額を毎月返済していくシステム。金利がすごい高いのと、よほど管理しないといつ何を支払っていくかわからなくなるシステム。


10万円の商品を購入
たとえば5000円コースだと、翌月5000円と手数料(これがくせもの)しか引き落とされない。
その間に、1万円、1万円と買い物しても毎月の返済は5000円+手数料。だから残額がどんどん増えていき、支払う手数料(利息)がどんどん膨らむカード会社大喜びのシステム。
リボ払いキャンペーンは必ずやっていて、年会費を優遇されるカード会社もある。
毎月カード払いが10万円くらいなら、10万円返済コースにすれば、10万円までは一括払いで引き落とされて手数料がかからない。

キャンペーンで設定したのを忘れてリボ払いの請求が来てしまったが、電話をして指定口座に振り込むことで手数料を支払わずに済んだ。設定10万円でも48万円の航空券を買ったから。38万円に金利がかかるところだった。

ベイクォーターと居酒屋

横浜のとある居酒屋に行くことになったので母を誘った。
せっかくなので、あまり見ないところを紹介しよう。
横浜駅きた東口で待ち合わせて、横浜ベイクォーターへ。
三菱倉庫が開発し子会社が管理している。特徴はひとこと、おしゃれなこと。
飲食店もカフェだのバルだのパンケーキだの女子が喜ぶような店ばかりで、おっさんの通う居酒屋は見事に一軒もない。かろうじて、某居酒屋チェーンが和食ブランドの店舗があるくらい。

店舗一覧
https://www.yokohama-bayquarter.com/floor_guide/#RESTAURANT-CAFE

特に何を買うわけもなく、少し見て撤収。みなとみらい大橋を渡って、オーケーみなとみらいでフードコートなど見て(16時30分ラストオーダー済)
カンパーニュ(パン)は売り切れていて残念。

居酒屋では150gのステーキを食べて、

ステーキ

黒い丸い部分は焼いてあって、お肉をのせると火を通すことができる。

牛タンとネギ

熟成牛タン

からあげ10個

もも

さらにまたステーキ

ステーキ999円

神奈川の店は店内が広いので居心地がいい。老舗居酒屋もいいけれど、チェーンの居酒屋も気楽でいい。
外に出ると、出たときだけ小雨がぱらついていた。
みなとみらい駅のわかりにくいこと…

オンワード樫山で衣装替え

PEKO

愛嬌のあるペコちゃん、よく見ると眉毛を剃り落としている。鼻の穴も小さいながら上を向いている。
東京都内はかなり減ってしまった不二家のお店、未だに店頭にいるペコちゃんは何体くらいあるのだろうか。

東京モノレールまつり

今年は10月6日(土)10:00~16:00
今まで2回行ったことあるので目新しさもないが、鉄道部品即売会があるので抽選に申し込んでおこう。
特にこれがほしいというものはないが、どんなものが出ているか興味深い。

横浜方面からだと、羽田空港方面に向かって天空橋でモノレールに乗り換えるのが便利だ。

東京モノレールまつり特設サイト
http://www.tokyo-monorail.co.jp/news/campaign/festival2018/


最後の暑さか

今年最後の暑さになってほしい最高気温32℃。しつこく母を連れてメガドンキホーテへ。ドンキホーテなどふだん行かないので、まあまあ楽しい。
月末試験があるので、また来月誘って、荷物をガラガラ引っ張って帰って行った。

白幡池公園、六角橋商店街へ

前から母を連れて行こうと思っていた六角橋商店街。問題はアクセスで、いつもは徒歩40分、公共交通機関だとJR+バス、JR+徒歩20分。
帰りは一日数往復のバスで帰る予定にして、出発。

大口商店街からあけぼの通商店街を抜ける。

きがらや模型

いつもはやっていない模型店。老舗らしく、鉄道模型趣味という雑誌にずっと広告を載せていたそうで、有名店。店主が年配らしく、一ヶ月に一度くらいの開店。

きがらや模型

次回は9/23の15時くらいからだそうだ。

住宅街を通って白幡池公園。ここまで来れば六角橋はもうすぐ。

白幡池公園

六角橋商店街ふれあい通りの終点近くのお店、グッディサンシャイン。

グッディサンシャイン
トートバッグ

少し見るとすぐにお店のオーナーが出てきて、商品説明。
1080円という安さで母はピンクの犬のバッグを購入。

このまま歩いて帰れるということで、さらに40分歩いて帰宅。
夕食は母はお一人様しゃぶしゃぶ(豚肉をひとパックしか買わなかったから)豚カシラ(誰が来てもこれでもてなす)など。
生のピーマンを半分に切って、たねごとぜんぶ食べるのがブーム。
冷やすのがポイント。

母が久しぶりに来る

父の具合が良くなったので、久しぶりに母が泊まりに来た。
昼過ぎに来たので、一休みして全開来たときにはなかった元ピアゴのメガドンキユニー大口店へ。
時間がなかったので食材だけ買って、母はその足でいつもの鷲の湯へ。

母が来られたのも父が元気になったのも両方よかった。

京急鶴見駅で5500形!

エアポート急行羽田空港行きに乗り換えるために京急鶴見で降りると、向かい側のホームに!

都営5500形

都営5500形!!
急いでスマホを取り出してカメラ!
車体の構造がSUSTINAという技術で継ぎ目もなくきれい。

行き先は回送

側面にはイチョウのマークとASAKUSA LINEの文字。乗り入れ区間の方が長いのに。
東京五輪で外国人がたくさん来ることから、沿線の東銀座ゆかりの歌舞伎の隈取りを意識した変なデザイン。既に京成線・北総線への乗り入れははじまった。
最高速度が今までの車両の110キロから120キロになり、京急の快特や北総線のアクセス特急での使用でダイヤが変わることもなくなる(だろう)
現在の都営の車両の状況と変わらなければ、横浜方面にやってくるのは一日数回。8両固定編成なので京急新子安駅に停車することもない。
まずは快特120キロで乗ってみたい。

まずいやきとり

とあるサイトの利用啓発で、お店に行って商品を持ち帰るとポイントがバックされるというのがあって、やきとり店があったので利用した。
予約した時間より早く行ったので焼いている途中で、店内で待つ。ひとりでさんまを食べているおじいさん、スマホを見ながらホッピーを飲んでいるおっさん、などなど。
焼き上がりを受け取って意気揚々と持ち帰り、時間が経ってしまったので(徒歩40分以上だから)温めて食べてみると、

すごいまずい

皮は脂臭くてぶよぶよしてる、ぶよぶよしているのは時間が経ってしまったとしても脂臭いのは素材が悪いから。ぼんじりも普通は肉の脂身のような食感だが、これは正肉かしらと思うような食感、脂ものっていない、まったくおいしくない。全体として煙い味ばかりでまったく鶏の味がしない。

運営会社のサイトを見ると、こだわりのやきとり!
やきとりは炭火で焼くのが一番、備長炭を使用し何とか炭と何とか炭は当社開発。
塩はマレーシア産のなんとか塩を使用、タレは秘伝のなんちゃら。

鶏肉にはまったくこだわっていないらしい。他の情報ではやはり冷凍で輸入物らしい。鳥貴族は生の国産鶏を昼にパートの人たちで串打ちしたものを焼いて提供している。鳥貴族はガスで焼くため、あれが炭ならさぞかしおいしいだろうと思うのだが。牛角があんな肉でおいしく感じるのはおそらく炭だからとも思っている。
どうやっても時間がかかってしまうので、次回があるとしたら近くの公園あたりで食べてみよう。