買い物袋つけますか

スーパーで聞かれるセリフ。以前にも書いたように買い物袋を辞退すると特典が受けられることが多い。普段いろいろなスーパーに出かけるのが好きなので、整理しておかないとわけがわからなくなるので備忘録。

ポイントカードなどを持っている人だけに特典

相鉄ローゼン…独自ポイントカードに2ポイント(1円分)付与
文化堂…独自ポイントカードにポイント付与(ポイント数不明)
ピアゴ…スタンプカードに捺印、10個貯まると50円引き
フジシティオ…Tポイント2ポイント付与
(ただし、Tポイントプラスカード以外のクレジットカード利用時はポイントつかず)
マルエツ…Tポイント2ポイント付与
サミット…独自ポイントカードに2ポイント
東急ストア…東急ポイント2ポイント

その場で割引(全員)

ライフ…ポイントカードの有無にかかわらず2円引き
成城石井…2円引き
ヨークマート…2円引き
ベルク…2円引き

辞退しても「ありがとうございます」で終わり→もらってゴミ袋

北野エース、MEGAドンキユニー、トップパルケ(記憶が曖昧)

袋は一律有料

オーケーストア(高かった記憶)、イオン、イトーヨーカドー、西友などなど増加傾向

書き出してみたら、普段からずいぶんいろいろなスーパーをうろうろしている。
パルケと、たいらやが覚えていないので今度確認しよう。レジのところに書いているお店はほとんどなく、レジの人は袋をつけるかつけないかしか聞かないので、こちらから聞かないとわからない。

ソーダ水の中を…

はるか遠くは中野区付近

ソーダ水の中を貨物船ではなく横浜線がとおる

今年も塩らっきょうを作りましたよ。
らっきょうを切ってむいて、塩水につけるだけ。
好きな人はそのあと甘酢につける。甘いのいやだからつけない。

塩分濃度はさほど重要ではないと思うが、和食の料理人が紹介してくれていた1.5リットルに200g、らっきょうが半分なので塩も水も半分。
大切なことは、らっきょうの根を切りすぎないこと。ひげ根を切るくらいの感じでいい。根っこを切りすぎるとそこから水分が入ってらっきょうが、ふにゃっとした食感になってしまう。
あとは数本とうがらしをいれるくらい。しばらく常温においてときどきゆすって、あぶくがぶくぶく出るようになったら(発酵したら)冷蔵庫にしまう。

冷蔵庫に入れればあとはいくらでももつ感じ。2年は問題なく食べられた。
らっきょうの最低ラインはつくったので、次は梅がどうなるか。
なんの苦労も難しいこともない梅酒、いい梅が手に入らないと作らない方がいい梅干し。
今年はどこまで挑戦することになるか。

LINEやfacebookでビジネス充実

LINEビジネスアカウントを認証アカウントにする。検索で出てくるようになるらしい。
LINEページとfacebookページを充実させて、少しでもお客さんを増やそうという努力。
facebookは比較的慣れているものの、facebookページはよくわからない。クーポンが発行できたり、抽選でプレゼントのようなショップスタンプもできる。よく居酒屋で一等が会計半額、二等…ワンドリンクサービスなどがあるが、確率も設定できておもしろい。最高確率は99%で全員当選にはできない模様。

あとはやはり、GoogleAdwordsを導入するしかない気がする。これはGoogleで検索した時に検索順位に関係なく、横に出てくる広告。オークションのようなしくみで、うちはこの広告に100円(ワンクリック)出すという会社と200円出すという会社があると、200円が上位に来て実際にクリックされると200円取られる(だったと思う)
どこもが設定するようなキーワードだとかなり高額になって、ワンクリック500円くらい出さないと一番上に来ないこともある。

飛び込み営業などとうていできないので、ネット上でチマチマいくしかない。

Google Photoでバックアップ

Google Photoでパソコンやスマートホンに入っている画像をバックアップする。
約44000枚あるそうで、普通に全部バックアップしようとすると、とんでもない時間がかかる。以前やったときは数週間かかった気がする。

それから何度かバックアップするも、上書きしたり不具合でずいぶん画像が消えてしまっている。仕方がないので、もう一度一からバックアップしようと思ったが、どうにもこうにも時間がかかる。

そこで、フォルダが2001年からスタートしているので、一年ごとにバックアップすることにした。終わった年はチェックを外す。チェックを外すと同期はしなくなるが、Google Photo上には残る。こうすれば、パソコンを入れるごとにスキャンが始まり、とんでもない時間がかかるのを防ぐことが出来る。

それでも一年で数時間かかるので、2019年まではかなりの時間がかかりそう。

高齢ドライバーの事故を考える

高齢ドライバーの運転ミスによる悲惨な死亡事故が報道されて、ネット上でもいろいろな議論がされている。
一律何歳で免許を取り上げろとか、一年ごとに試験をしろとか。

安全対策を施した自動車を積極的に送り出さない自動車業界の怠慢。
今に始まったことではなく、昭和40年や50年代から言われている交通戦争も同じ。
自動車を売ることばかりを考えて安全対策など二の次。
今の技術でアクセルとブレーキの踏み間違いなどという初歩的な事故が防げないはずがない。
新聞社広告で、政治家は自動車業界から多額の献金を受けて決して自動車業界を敵に回さない。

免許制度がどうのという問題ではなく、事故を起こさない自動車を開発しない自動車業界がみんな悪い。地方の行政も怠慢。バスや鉄道の本数は採算が取れないから本数を減らす。業績が悪かろうが乗らなかろうが、公共交通の使命をもっと考えるべき。そうすれば地方でも自動車を減らすことができる。
罰則を強化するだの免許制度の問題でも決してないことをあまりに報道していない。

6月15日は東武宇都宮線フリー乗車DAY

http://www.tobu.co.jp/file/pdf/316b23fc44658a92a4ce455e40081c96/190522.pdf?date=20190522125621

内容はこちら。

栃木~東武宇都宮間の普通運賃が無料となるフリー乗車券を同区間 各駅改札前で配布します。同区間をご利用の際はフリー乗車券を提示 のうえ、ご乗車ください。

目的は東武宇都宮線の周知や周辺自治体の観光施設などの周知。
3つのエリアでスタンプを集めると、間伐材でできた東武鉄道木製定規をプレゼント。

東武宇都宮線は新栃木から東武宇都宮までで、運転はひとつとなりの栃木駅の始発が多い。東武宇都宮はJR宇都宮から2キロくらい離れているので、徒歩だと30分くらい。
東武宇都宮駅には東武デパートがあり、繁華街の雰囲気。

この区間のフリー乗車券が無料なのはうれしいが、問題はここまで自力で行かないといけない。浅草から栃木まで967円…けっこうかかる。

晴れたら行ってもいいかなというレベル。

横浜税関を視察

横浜税関が一般公開する貴重な日なので出かける。
クイーン、ジャック、キング、横浜三塔のクイーンが横浜税関。
キングが県庁、ジャックは横浜開港記念会館。どこも一部はいつでも入館できる。

横浜税関
入り口

横浜税関資料展示室はいつでも拝観できるが、今日は最上階の解放や車両の展示がある。さんまのまんまに出てくるキャラクター似ているこれは、カスタムくん。
カスタムズくんに今からでも改名するべき。
customは習慣、customsが税関は偏差値55以上の学生なら誰でも知っているのだから。複数形じゃないんだから。

入ってすぐはいつもの展示室、奥にいつもは職員が利用するエレベーターに乗って7階へ。

ビール飲みたい
ジャックも一緒におさまる
赤れんが倉庫

うちが見える。
うちは反対側なので見えないが、山下公園の花火も見えるらしいが、遠くてイマイチらしいと住民に聞いたことがある。

見慣れた景色、特に新しい発見もないので下の資料室に向かう。

制服

大好きな階級コーナー。

上級係員!

面白いのは、部長や税関長の階級はバーがなくなる。

税関といえば一般的には空港でしかお目にかからない。東京税関もあるが、横浜税関の方がなんかかっこいい。クレイジーケンバンドの横山剣さんは自動車の輸出入の検査をする仕事をしていたらしい。あぶない刑事でも出てきた気がする。

今度空港で税関職員に遭遇した時は、バッチをじっくり見てみよう。おそらくほとんど初級、中級係員の気がするが。

体験コーナー

空港の保安検査場で目にする金属探知機もいじることができる。右に見える犬のぬいぐるみは麻薬探知犬の代わりで、鼻を荷物に当てると震えるとあったが、みつけられなかった。金属探知機はスイッチで、バイブだけかブザーがなるか選べた。

人気があったのはブランドバックやブランドものの本物と偽物が展示してあった。

税関職員は逮捕権を持っているのだろうか。

逮捕権を持つ海上保安官、麻薬取締官のような特別司法警察職員ではないので逮捕権はない。捜査権に類似する調査権を有し、さらに拳銃の携帯も認められている。

ー関税法第104条ー
「税関職員は、取締り又は反則事件についての調査を行うに当たり、特に必要があるときは、当分の間、小型の武器(けん銃)を携帯できる。携帯した小型武器は、自己もしくは他人の生命身体を保護する、あるいは公務への抵抗を抑止する場合に、(事態に応じ合理的に必要とされる限度において)使用が認められる。」

あまり拳銃を発砲することもなく、このような事案では警察や海上保安庁と連携するのだろう。

山下公園へ移動

山下公園では沖縄でよく見るボートのレース(名前がわからない、ハーリー?)の予選をやっていて、それとはあまり関係なく出店が出ていた。

2号艇などと聞くと競艇を思い出す、競艇なんだが

韓国で流行っている、原宿ドッグを油で揚げたようなチーズホットクで、カメラ女子がインスタ女子なのか、撮影。

500円もする

中華街ではタピる人がすごい数。タピオカを飲む人をタピるというらしい。
なんか頭悪い…

行列

タピオカは意外にカロリーが高いので、太るなどといわれれば即刻やめそう。

みなとみらいから山下公園、中華街と横浜の王道を久しぶりに歩いた。

この季節に好きなもの

ここ数年、あじさいが気に入っている。へそ曲がりなのか桜の花にはあまり反応しないが、町を歩いているとこの季節、あじさいが目にとまる。セイヨウアジサイなんとなく聞いたことがある名前だが、アジサイはもともと日本古来のものらしい。ただ、日本ではあまり人気がなく、ヨーロッパに渡り人気を博して品種改良され、また日本に戻ってきたらしい。

いわゆる園芸品種と、ガクアジサイ、山に自生するアジサイなどに分類されるようだ。

鉢植え

もそっと花が集まっている品種が高いようだが、ガクアジサイのように回りに少し咲いている方が好きだ。この紫の花に見えるのは装飾花といって花の一種で花ではなく、中心の白い部分が花として大切なところ。
そんな生物的なことは無粋で紫がきれいでいい。
6月というとこのアジサイにかたつむりが描いてあるようなイメージ。

アジサイのイントネーションも気になる。アクセント辞典ではどちらも正しいようだが、アジサイのジにアクセントがある読み方は気になる。平坦に読む読み方の方がいい。

青森県の竜飛岬では8月に満開になるアジサイ、横浜では今から7月のはじめくらいがいろいろなアジサイの見頃だろうか。

ゲーハー対策

うちは高頻度で宅配便がやってくる。せっせと懸賞に応募したり、通販を利用するから。
今日はこれ。

後ろにいろいろ写る

少し前に、髪型のせいか髪が薄くなった気がしてリアップを調べた時に、会員登録して応募して送られて来た。要するにシャンプーなのだが、これでなんと4000円。
成分を見ても化学的なもので特に普通のシャンプーと変わらない感じ。
昔からハゲの薬と風邪薬を発明したらノーベル賞などといわれているけれど、独特な心理商法のような気もする。リアップはそれなりに効果があるのかもしれないけれど、これまた高い。それでも一本数千円で薄毛対策などのクリニックに行くよりも遙かに安い。
美容整形などもそうだけれど、弱みにつけ込んだ商売のような気がしてしまう。

最後の夜行快速ムーンライトながら

全国で定期運行されている夜行列車は、サンライズ出雲・瀬戸だけになった。不定期運行でかろうじて残った快速ムーンライトながら。
動向があやぶまれていたが、この夏は運転される発表があった。

ムーンライトながらの運行については、車両のやりくりに問題が発生する。
現在のムーンライトながらはJR東日本185系。特急踊り子号でおなじみの車両だ。

Wikipedia

この車両は国鉄時代の1981年に製造が開始された車両で、中央線特急で使用されていたE257系に1年以内に置き換わることが決定している。
現在、一部の踊り子号が三島を経由して修善寺まで運転されている。そのため、185系にはJR東海の保安装置のATS-PTも装備されていて、JR東海の運転士の全員ではないにしてもこの185系を運転することができる。
ところが、E257系はATS-PTは未装備で、JR東海の運転士が運転するには訓練運転が必要。
そうなると、踊り子号が今まで通り修善寺に乗り入れるのであればE257系を対応させるはずで、そうなるとムーンライトながらがE257系に置き換わって安泰になるかもしれない。ところが、修善寺乗り入れをやめるようなことになると、E257系はJR東海には乗り入れず、ムーンライトながらも過去の列車になるのだろう。

実際には乗り心地もいいわけではなく、翌日は眠くて仕方がない夜行列車(座席の)鉄道ファン特有の、たいして乗りもしないくせになくなると寂しい、そんな気持ちか。

母のブログ止まる

母のブログはWordpressで管理はぼくがしている。母からメールに、技術的問題が発生しています、と画面に出ていると。
たしかに出てる、そして管理画面も見られない。調べてみると、Wordpressを5.2にアップデートするとエラーが出るとメールが来て、そこにアクセスするとリカバリーモードになるとある。メールなんて来てない。ハア。

ログインできなければどうにもならない、原因を考えてみる。テーマかプラグインが原因のことが多い。テーマは変えると後でやっかいなことになることが多いので、プラグインからやってみる。
FTPクライアントソフトでpluginフォルダをリネームする。頭に_をつけるだけでもいい。これでプラグインすべてが無効になる。

アクセスしてみると、見事にアクセスできた。そうしたら、フォルダ名を戻して、今度は中身のファイルをリネームする。それでアクセスできなくなったプラグインが原因と特定できる。なんやら使っているかいないかわからにような何とかというプラグインが原因だった。削除してすべて終わり。

母のだからいいけれど(母にはよくないが)お金をいただいて管理しているページがこのようになったら…
バックアップだけはきちんとしておこう。バックアップそろそろ、というときに壊れる。そして、してあるバックアップは古すぎて役に立たない。

最近一日一回は考えること

犯罪や事故で亡くなった人の報道を見たり、これからのことを考えると、死んだらどうなるのかなと気がつくと一日一回考えている。死ぬことは誰でも怖い、だから宗教や生まれ変わるという概念があるのかなと。
眠くなって寝ると起きるまで記憶がない、そんな状況なのだろうか。
心霊もその場に残っている念などはあるかもしれないけれど、霊魂の存在がだいぶ信じられなくなった。そうなると、稲川淳二の話はみんなウソというわけでもなさそうだし…
体調も悪くなってどうにもならなくなって、もういいかなと思うようになって死ぬのかなとも思うようになった。蛭子さんもいちばん怖いのは死ぬことだって言ってたな。