菊名まで歩く

菊名に用事があったので、往復する。

メロンフェス!

ホンジュラス産、ホンジュラスってどこだ。
それよりも、メロン売り場にメロンパンはこれいかに。

「ママ~メロン買ってよ~」「じゃあメロンパン買いましょうね」大作戦。

メロンパンは半額の70円になっていた。メロンパンは意外にカロリーが高く、ひとつ400キロカロリー近い。1時間歩いても200キロカロリーしか消費しないのに…
もともと食べる気はないけれど。

菊名駅に西武のSトレインの回送車だ!

ひどいアングル

そしていつもはホームにいる菊名駅。

菊名駅

珍しい車両でもなんでもなく、なんともつまらない写真。

往復歩いて17000歩くらい。結構な坂道もあるのでなかなかの運動量。完全に坂道を排除することはできなそうだけれど、よりカロリーを消費するということで坂道もいいことにしよう。

浴室清掃をしてもらって

モニター関連でお風呂の掃除をしてもらった。予定の2時間を過ぎて話を聞くと、この排水溝のふたをきれいにするのに時間がかかったらしい。

排水溝のふた

これが5枚もはまっていて、さらに3辺は棒のようなもので、排水溝のふたがしてある。ふたがしてあるので、当然ふたに髪の毛や湯垢がこびりついて、不潔になる。
掃除をしてくれた人が言っていたが、取ってしまっている人も多いらしい。10年以上経っているので掃除のことなどちっとも考えられていない。このふたも溝にカビが生えたり、かなりうんざりする代物。

ふたを取り去る

排水溝に5枚横に並べてあった。縦の辺と手前には棒状のふたがあった。どちらもせっかくきれいにしてもらったので、このまましまっておくことにした。排水溝のゴミもすぐに取れるし、目に付くのできれいにできる。10年住んでいて大きな改革。

ベンガベンガ

ベンガベンガ

フレスコベンガベンガというおかしな名前のスーパー。都内に数店舗あるチェーンのスーパーで、調べてみると元々はベンガベンガとうスーパーをフレスコグループが買収したからフレスコがついたらしい。フレスコはピアゴ関東だったから、ユニーの遠い親戚というか、昔の恋人のようなものか。
店に入るとラジカセから、「本日もフレスコベンガベンガにご来店いただきましてありがとうございます、本日はお肉が…」というアナウンスが流れていた。

スペイン語で来て来てとか、いらっしゃいとか、GOGOみたいな掛け声のような言葉らしい。検索すると、スペイン料理店ベンガベンガも数店あった。Hola(オラ)はこんにちは、こちらもやっぱりスペイン料理のお店の名前に多い。
こんにちはとか、やあ!という日本語のお店はないので、スペイン人が見たらどう思うのだろう。スペインにもベンガベンガという店名はあるのだろうか。

神社に神頼みと横浜アリーナ

叔母の手術があるので、近所の氏神様にお参りに行く。小銭を持ち合わせていなかったので、次回お支払いするということで(バスか!)

子安浜の漁民に信仰された海の神様、ぼくは海事代理士だし聞いてくれるだろう。

一宮神社

新横浜を目指して歩く。

新横浜のランドマーク、プリンスホテル

横浜アリーナ、はじめて来た。

横浜アリーナ

ゆかりんこと田村ゆかりさんが二日間コンサートをしたっけ。
広い。

バーゲン

ピンクのスニーカーとスリムなGパンを買って帰る。

スマホで支払う

paypay祭りが終わって、スマホでバーコードを表示させて支払う事業者が増えて混乱してきた。
各社、登録すると○○ポイント進呈などキャンペーンを実施している。どうせ使う予定はないので、ポイントだけいただいてアンインストールしてしまおう。

paypay…登録だけで500ポイントもらえる。とりあえず入れた。ファミリーマートで利用予定。
d払い…登録で200ポイント、利用で800ポイントもらえる。ドコモユーザーではないので不利なこともあって、利用予定はない。ポイント目当てでファミリーマートかハックドラックで使う予定。
Tポイント…カードを持ち歩かないで済むが、大馬鹿なセキュリティ対策か利用しようと思うとT番号を入れろと出ることがあって、大不評。たしか16桁あるので覚えている奇特な人はいないし、持ち歩きたくないからアプリを入れるのに。
この他にはORIGAMIだの、LINEペイだのあるが、さすがに面倒になったのでやめた。

おさいふケータイは便利だったと思うが、これらは一度アプリを起動してバーコードを表示させるのが非常に面倒。カードを出す方が早い。
どこが天下を取るのか。

技能講習を受講

3年に一度の更新に必要な技能講習。前回はまさかの25発すべて失中で居残り。あのときの悪夢がよみがえる。

相鉄線で行くのが楽しいが、荷物が重いので町田経由で行くことにする。
町田から小田急線に乗り換え伊勢原へ。普段平日にしか来ないので、土曜日に学生がおらず、産業能率大学行きのバスもガラガラ。

大山ケーブル(直行)、誰も乗らずに発車。直行ということは、誰も乗らずに行く訳か。

大山ケーブル行き

日向薬師行きに乗り、温泉入り口で下車。ここからの道のりがきびしい。

二階の会議室からはスキートの射台が見える。今回の講習ではスキートはいなかった。

スキート射台

8名で講習スタート。分解と組み立てなど指導員に見ながらひとりずつ行う。そのあと実射。3発目に当たったので、もうあとは安心。姿勢が崩れたのかなんだか、最近まったく当たらなくなった。
あとで、指導員の人にライフルやってた?肘を開いた方がいい、首が曲がっていたなどアドバイスをもらった。
今年の目標に、もっと出かけてうまくなることを実行しよう。

これであとはかかりつけ医の診断書、本籍地の発行する身分証明書(破産していない証明)があれば申請できる。

パスポートの期限がやってくる

パスポートの更新は1年前から

更新は1年前から受け付けられるが、交付された日から5年または10年になるので、早くすればするほど損をした気分になる。
それならぎりぎりにすればいいと思うが、国によってパスポートがの残りが3ヶ月以上、国によっては6ヶ月以上ないと入国できないことがある。
半年くらい前になったら更新した方がよさそう。

現在有効なパスポートがあって、氏名や本籍地の都道府県に変更がない場合は、謄本類の提出が免除される。旅券番号は変わるし、当然ながら申請期間は渡航できない。

台湾高速鉄道が半額!

台湾高速鉄道(新幹線車両)が2名で半額になるキャンペーンを発見。
台湾の旅行会社が行っていて、国から補助が出ているみたい。
台北の桃園空港から台中への移動に使えそう。

桃園空港→高鉄桃園(MRT地下鉄)

高鉄桃園→台中

高鉄の台中は台湾国鉄(台鉄)の新烏日(シンウーリー)と同じ場所なので、乗り換えて台鉄の彰化(チャンホァー)に向かう。

高鉄(新幹線)の駅名は台北とその次の板橋、終点の駅以外は高鉄の駅名と台鉄の場所が違う。

桃園から台中までふたりで1500円ちょっとなら、台鉄(在来線)よりも安い。
ただし、帰りは台南発しかないので、片道しか利用できない。

割引きっぷ販売ページ
https://www.kkday.com/ja/product/20495

楽天スーパーポイントからEDY

楽天で貯まったポイント、楽天スーパーポイントはEDYカードにEDYとしてチャージすることができる。自宅にあるICカードリーダーで移行できたのだが、いつからなのか、公式に移行ができなくなった。
ネット上で移行の申込をしたら、ファミリーマートにある端末のファミポートなどで受け取る手続きが必要になった。さらに、他社から交換した楽天スーパーポイントはEDYに移行できないことも分かった。
何とも使い勝手の悪いEDY、EDYしか使えないスーパーの文化堂で使う以外にまったくメリットが見つからない。

住民票コード

とある免許の更新の必要書類で、住民票の写しがあったが、住民票コードを記載すれば不要とあったので、早速調べる。

住民票コード記載の住民票の写しの交付を受けるか、住民票コードだけ請求するのどちらかであることがわかった。
住民票コードのみの請求であれば手数料は無料。
住所や氏名などの必要事項を記入して、本人確認書類の提示でもらったのがこれ。

住民票コード通知書

本人の希望で変更できる!ぜんぶ4にもできるのだろうか。だぶっていなければ変更できるのだろうか。
窓口では嫌な顔をされるだろうが、やってみようか。

住民票コードについて(横浜市)
http://www.city.yokohama.lg.jp/shimin/madoguchi/j-net/j-netca12.html

横浜緋桜(ヨコハマヒザクラ)

横浜駅近くから反町に抜ける、元東横線の線路跡の道路に、横浜緋桜が植えてある。
横浜市の人が交配した品種で、花が大きめで早咲きから遅咲きまである。
少し早めに開花して、春を感じた。

横浜緋桜

あと一ヶ月でソメイヨシノも開花して、本格的な春がやってくる。

話題の骨髄バンク

話題になっている骨髄バンクについて。
いろいろ誤解や間違った情報があるので、今までわかったことを紹介。
骨髄バンクの登録は54歳までで、55歳までお声がかかる。
理由は、全身麻酔によるそれなりに体に負担がかかるものであるため。

ドナーは全身麻酔をして、骨髄と名前がついているものの、採取は骨盤から。
お尻に数カ所はりを刺して採取する。一般的には傷跡は消えて痛みも消えるが、まれに痛みが半年くらい残る人もいる。
死亡例は協会を通して行ったものではゼロで、血族間で行われたもので一例あるらしい。
つまり、死亡することや後遺症はほぼないといってもいい。
ただ、全身麻酔で採取することでリスクがゼロではない。

一日につき、雑費として5000円支給される他は、金銭のやりとりはない。当然、検査や手術の費用は患者が負担する。
あと4年の間に(55歳までだから)オファーが来るかどうか。
提供する確率は3%に満たないので、ほぼ来なそうだが来たときは引き受けるつもり。申し出を断れば亡くなってしまうかもしれない、そう考えると仕事だのその程度のことで断れるはずもない。