ゲーハー対策

うちは高頻度で宅配便がやってくる。せっせと懸賞に応募したり、通販を利用するから。
今日はこれ。

後ろにいろいろ写る

少し前に、髪型のせいか髪が薄くなった気がしてリアップを調べた時に、会員登録して応募して送られて来た。要するにシャンプーなのだが、これでなんと4000円。
成分を見ても化学的なもので特に普通のシャンプーと変わらない感じ。
昔からハゲの薬と風邪薬を発明したらノーベル賞などといわれているけれど、独特な心理商法のような気もする。リアップはそれなりに効果があるのかもしれないけれど、これまた高い。それでも一本数千円で薄毛対策などのクリニックに行くよりも遙かに安い。
美容整形などもそうだけれど、弱みにつけ込んだ商売のような気がしてしまう。

最後の夜行快速ムーンライトながら

全国で定期運行されている夜行列車は、サンライズ出雲・瀬戸だけになった。不定期運行でかろうじて残った快速ムーンライトながら。
動向があやぶまれていたが、この夏は運転される発表があった。

ムーンライトながらの運行については、車両のやりくりに問題が発生する。
現在のムーンライトながらはJR東日本185系。特急踊り子号でおなじみの車両だ。

Wikipedia

この車両は国鉄時代の1981年に製造が開始された車両で、中央線特急で使用されていたE257系に1年以内に置き換わることが決定している。
現在、一部の踊り子号が三島を経由して修善寺まで運転されている。そのため、185系にはJR東海の保安装置のATS-PTも装備されていて、JR東海の運転士の全員ではないにしてもこの185系を運転することができる。
ところが、E257系はATS-PTは未装備で、JR東海の運転士が運転するには訓練運転が必要。
そうなると、踊り子号が今まで通り修善寺に乗り入れるのであればE257系を対応させるはずで、そうなるとムーンライトながらがE257系に置き換わって安泰になるかもしれない。ところが、修善寺乗り入れをやめるようなことになると、E257系はJR東海には乗り入れず、ムーンライトながらも過去の列車になるのだろう。

実際には乗り心地もいいわけではなく、翌日は眠くて仕方がない夜行列車(座席の)鉄道ファン特有の、たいして乗りもしないくせになくなると寂しい、そんな気持ちか。

母のブログ止まる

母のブログはWordpressで管理はぼくがしている。母からメールに、技術的問題が発生しています、と画面に出ていると。
たしかに出てる、そして管理画面も見られない。調べてみると、Wordpressを5.2にアップデートするとエラーが出るとメールが来て、そこにアクセスするとリカバリーモードになるとある。メールなんて来てない。ハア。

ログインできなければどうにもならない、原因を考えてみる。テーマかプラグインが原因のことが多い。テーマは変えると後でやっかいなことになることが多いので、プラグインからやってみる。
FTPクライアントソフトでpluginフォルダをリネームする。頭に_をつけるだけでもいい。これでプラグインすべてが無効になる。

アクセスしてみると、見事にアクセスできた。そうしたら、フォルダ名を戻して、今度は中身のファイルをリネームする。それでアクセスできなくなったプラグインが原因と特定できる。なんやら使っているかいないかわからにような何とかというプラグインが原因だった。削除してすべて終わり。

母のだからいいけれど(母にはよくないが)お金をいただいて管理しているページがこのようになったら…
バックアップだけはきちんとしておこう。バックアップそろそろ、というときに壊れる。そして、してあるバックアップは古すぎて役に立たない。

最近一日一回は考えること

犯罪や事故で亡くなった人の報道を見たり、これからのことを考えると、死んだらどうなるのかなと気がつくと一日一回考えている。死ぬことは誰でも怖い、だから宗教や生まれ変わるという概念があるのかなと。
眠くなって寝ると起きるまで記憶がない、そんな状況なのだろうか。
心霊もその場に残っている念などはあるかもしれないけれど、霊魂の存在がだいぶ信じられなくなった。そうなると、稲川淳二の話はみんなウソというわけでもなさそうだし…
体調も悪くなってどうにもならなくなって、もういいかなと思うようになって死ぬのかなとも思うようになった。蛭子さんもいちばん怖いのは死ぬことだって言ってたな。

キリンビールと京急のコラボイベント

<5月18日(土)当日のスケジュール>
15:10 集合後、京急キリンビール昔話とクイズ大会
16:15 工場見学
17:35 解散

おお、女性駅員

5分で満席になったそうで、平日の昼に予約できた不思議な方々およそ30名。
京急の広報担当の方がクイズと話を進めました。まあまあ興味ある内容。

ロビーで待機と記念撮影

順番に記念撮影
プリントしてくれた

いつもの工場見学

試飲タイム

自宅で豚しゃぶ、豚たん、クサヤなど食べて懇親会。
いい気分転換になった。

誕生日と母の日重なる

母の日に生まれたが、誕生日が母の日は5月の第2日曜日なので、何年かに一度やってくる。
お店に行く所用があったので、母も一緒に。となりの髪の毛が生えそろっていないおじいさんが、「はじめてなんだよ、76歳だよ」と自慢していたが、母の方が年上だ。

ドレッシングの足りないサラダ
ふだん頼まないきのこのピザ

もっちりした生地でおいしい。ピザはとてもおいしいけれど、日本は高すぎる。石窯の燃料費と減価償却が高いからだが、イタリアなら800円前後のはず。ちなみに、これで1350円(税別)
さらにおもしろいパスタも食べて、みんなおなかいっぱい。

デザートプレートというより、ティラミス

1時間歩いて帰る。
今週8万歩以上歩いているようだ。

※近所にセブンイレブン建設中

新子安一丁目店(仮称)

大倉山を走るもの

うちからのこのこと大倉山へ歩いて行って見つけるもの。

東海道新幹線

高架の上をかなりのスピードで走り抜けていく。それも普通の電車よりも音が靜かくらいの不思議な感覚。地元の人はもちろん慣れているし、時間によっては東横線と同じくらいの頻度でやって来る新幹線、珍しくもないだろう。

目の前の高架をすごいスピードで新幹線が駆け抜けていくと、いつもわぁ~と思ってしまう。

ベルクというスーパーマーケット

埼玉県鶴ヶ島市(川越のさらに北)に本社を置くスーパーマーケットで、神奈川県には3店舗だけ存在する。ワンフロワの比較的大型のスーパーで、ベンチがあって休めたりお茶のサービスもある。
そして、Wifiサービスがある。利用するには登録が必要で、携帯キャリアのメールアドレスで認証するとか、電話をかけて暗証番号を聞かないといけない(通話料がかかる)一回あたりの利用時間などが決められているが、スーパーのベンチに1時間もいるわけがないので、問題ない。

買い物に行くだけのスーパーから、少しずつサービスが充実してというか、少しでも滞在時間を延ばそうという試みらしい。
我が家の直下のそうてつローゼンも早くそういうサービスを始めるように。

髪を切ってもらいながら営業活動

二ヶ月経ってむさ苦しくなったので髪を切る。おっさんだから(なので)美容院に行く。いろいろなサービスを駆使すると、カットだけなら2000円前後なので、1000円カットの頻度を下げるのと同じ。

昨今の美容師は業務委託契約というシステムで働いているので、確定申告をお手伝いしますよというサービスを営業活動。
いろいろ話が聞けてとても有益だった。
久しぶりにこれなら仕事になりそう。

スーパーのポップから日本語を考える

スーパーのポップ

facebookで外国人の知り合い(友だちではない)がたくさんできて、片言の覚えた日本語を伝えてくる。いちばん多いのが…

元気ですか

How are you?

これを元気ですか、と訳した人の罪。日本人は通常のあいさつで、元気ですかとは言わない。外国人が毎朝、元気ですかと言ってきて、元気かなと考えてしまって言葉に詰まるという人もいた。

このポップ、レタスだからレだけれど、外国人が見たら「し」にも見える。
タは夕暮れの夕にもみえるし、どぉぞときた。
どぉーぞにしろよと。どぞじゃないか。


孤独のグルメ偶然

いつものように東横線を求めて歩く。
いつもの六角橋商店街。
白楽駅側から入って、居酒屋かめちゃんのすぐ近く。

キッチン友

上から二段目の左、友風焼き…ともかぜやき?

孤独のグルメに登場したお店だった。
友ふう焼きと読むのかな。

新しい発見をした。六角橋商店街おもしろい。
飲みに来たいけれど、交通の便が悪くて近くて遠い。