令和改元記念、神奈川県立歴史博物館

なにが記念かというと、本日限り入館無料。県内いくつかの似た施設も無料。

令和ではなくてもはじめての県立歴史博物館。都筑区にある横浜市の歴史博物館も行っていない。

馬車道駅からはすぐ、関内駅・桜木町駅からは10分弱くらい。

神奈川県立歴史博物館

建物は明治時代の銀行の建物で、国指定重要文化財。

常設展の入館料が300円(大人)、特別展が今回は700円。
これの両方が、今日だけ改元記念で無料。

Photo spot

常設展は3階の縄文時代に始まって、下がるごとに新しくなる。

お決まりの土器コーナーからスタート。

土器はどこで見ても同じ気がする
読めない

読めなかったので、ちょうど近くにいたボランティアガイドのおじさんに聞いた。説明は覚えたが、読みは忘れたのでいま調べる。
はそう

はそう
丸い胴部に小さな穴があけられた、口の広い小型のつぼ。土器に多くみられる。穴に竹の管などを差し込み、つぼの中の液体を吸ったり、注いだりすることに使われたとみられる。

江戸以降がおもしろい

山間部の主食はうどんや雑穀だった。この時代以降が好きだ。

写真を撮っているバカもいたが、浮世絵展は撮影禁止なので写真がない。
著作権の関係なのだろう。

公式パンフレット

http://ch.kanagawa-museum.jp/uploads/2019-ukiyoe160.pdf

常設展の人出はパラパラ、特別展はそこそこの入りだった。入館無料の力は大きいはず。

外に出ると向かいに東横イン桜木町が見えた。
東横インの冷暖房は家庭用のものがひとつずつ部屋についていて、好きなように使用できる。個別に調整できるので極端にいえば、冬に冷房を入れることも出来る。

室外機すごい

部屋の数だけ室外機があるはず。おかしなところで感心して帰る。

平成最後のタイ古式マッサージ

平成最後というより人生はじめて。オイルマッサージと古式マッサージがあって、男性にはオイル、女性には古式がいいらしいが、最後は好みだろう。

ゆったりリラクゼーションを求めるより、こりやハリを治してもらいたいと思ったので古式を選んだ。この日を選んだのは、EPARKの7000円まで店頭割引クーポンの期限が今日までだから。もっと早く来たかったのだが、体調が悪かったから。

関内から歩いて3分くらいで、ビルの一室。壁で仕切られて天井がつながっている個室が4室くらい。入るとアロマのにおい。あまり好きじゃないにおいだけど仕方がない。

見つめられる感じ。

二体ある

チョトマッテクダサイ

小柄のタイ人女性(他の外国人ではないだろう)が始めてくれたが、となりの部屋のタイ人女性とタイ語で話す。何を話しているのだろう。うつぶせで見えないのだが、何か飲んだりあめを食べながらやっている。これは日本人ではない感覚。
愛想はいいので別に何とも思わないので、しっかりマッサージをしてくれればいい。

見えないのだが、いま踏んでいるなとか、ひじとかひざでぐりぐり押しているとか、腕でごりごり押したり。要するに、結構痛い。痛かったら言ってねというのでときどき言うと、アナタソフトネ 強くやったら明日痛くなると。
考えてみるとほとんど女性にやってもらったことはないが、整体の男性よりもよっぽど強いくらい。

途中にタイ語の女性が玄関に来て、例によって外に行って何か話して帰っていった。
戻ってくると、オベント

朝10時から深夜2時までで時間がないらしい。おなかがの調子が悪いのでグルグルいうと、オナカスイテルネ、ワタシモマダタベラレナイ

気持ちいいというより、痛い。でも、首や肩のこりがとれる方が大切。
やっぱり、首と腰が悪いと言われた。
なによりも問題なのが、整体でもそうなのだけれど、施術中に足がつること。
指がつったり、ふくらはぎがつったり。本当に困る。

さらでぃか~と送り出してもらった。営業活動の名刺を置いてきたので、もし連絡をくれたらときどき通おう。向こうもそう思っているかもしれない。

季節外れのカキ

季節外れのカキだなあと思ってよく見たら、トマトだった。
1個150円くらいの高くないトマトで、そのまま食べた。

ゴールドトマト

味は…いたって普通のトマトだった。おいしいけれど、何か赤いトマトの栄養素が足りない気がしてしまう。
青いトマトは見かけの通り、あまりおいしくなかった。

春の~Payまつり

かなり煩雑になっているので、自分のために整理。

PayPay…5月31日まで20%還元。最近オーケーストアで利用できるようになったので、利用価値が増える。

LINE PAY…4月30日まで20%還元。利用できる店がPayPayとかぶるので意味がない。

origamiPAY…期間限定で半額になるキャンペーンをやっているが、利用できる店舗がなさそうなのでスルー。

メリペイ(メルカリペイ)…GW期間中、なんと50%還元。iD利用(おサイフケータイ)でセブンイレブンなら70%還元。早速インストール。
ローソン、松屋あたりで使えそう。

期間限定とはいえ、かなり得に使えるチャンス。

平成最後の文京シビックセンター

都営大江戸線・三田線の春日駅のほぼ真上にある文京シビックセンター。要するに、文京区役所などいろいろビル。
25階に無料展望台と椿山荘のレストランがある。
展望台からはなぜか文京区議会議場が見える。議場なんか地下に作ればいいのに。

文京シビックセンター展望台

眼下に丸ノ内線が走るので、自然と目が行く。

新車の2000系発見!

2000系

拡大

2000系拡大
Wikipediaより
増毛産甘えび

甘えびを食べて帰る。

平成最後の…

平成最後のという言葉があふれてる。
うちは、平成最後のタケノコ(たぶん)

千葉のお客さんに朝獲れたものをいただいた。

たぶん市原市産

小さめのが4本くらいと大きめが1本。
いただいたおうちでは食べ飽きているらしい。
茹でてあるものは結構お高いので、うちでもあまり食べない。所詮野菜だし。

朝獲れということはアクが少ないので、米ぬかを入れないでいいだろう。唐辛子は科学的根拠はあまりないらしいので入れない。いろいろな情報で1時間ゆでるとあって、大きさを考えて40分で様子を見たら煮えていた。
圧力鍋に工夫して組み合わせて入れたらちょうど入った。もう一本も入らないくらいキッチリ。
冷めたので取り出して皮をむくが、貧乏性なのでここは食べられるのではないかと食べながら捨てる。上の方はどこまで食べられるかよくわからないので、このまま水につけて母にあげよう。

タケノコはお肉と煮るとおいしいので、奮発して半額の牛肉を購入!

挽き肉だけど。

まあまあのデキ

だしが出ればいいのだから、挽き肉で十分。大きめの一本で作って、おいしくできた。少し食べ飽きたので、挽き肉だけ拾ってごはんを炊いて、炊けたところでタケノコを混ぜておかしなタケノコごはんも三合出来た。

青椒肉絲は牛肉を買わないといけないし、季節ものだから一回食べればいいや。

東急西武線まるごときっぷ

東急電鉄サイトより

妙蓮寺~横浜駅からの料金は1830円。どのくらい得かというと、仮に西武秩父まで行ったとすると、片道1250円、往復で2500円。27%くらいの割引。
所沢だと往復1620円なので元が取れない。西武球場前も往復1700円なので、どこか一度途中下車を取れば往復で元が取れそう。
西武鉄道だけの一日乗車券は存在しないので、ある意味貴重な存在。
一日でシリーズで、一日で西武鉄道全線をやってみようか…
武蔵境から是政までの、他の西武線と接続していない西武多摩川線がやっかいだ。

京急フェミリー鉄道フェスタ2019

今年も開催。毎年高い確率で土砂降り。

京急より

京急久里浜駅から工場までの臨時電車が申込制になった。そのためだけにハガキを出すのもなあ。記入事項は多いというか、宛名が長すぎる。
京急久里浜駅からの無料送迎バスだけでいい。

前の日がホームパーティーなので、部品即売会の順番が早いものが当選したときだけ出かけよう。

京急オフィシャルサイト


https://www.keikyu.co.jp/information/recommend/tetsudou_fes2019/

入江川せせらぎ緑道

鶴見区東寺尾付近に源流があり、鶴見区から神奈川区を経て大口から最終的に海に流れる。全長1500メートルくらいの短い川。

うちの近所は汽水(海水が混ざる)でボラが泳いでいて、汚いときは汚くてにおう。上流(といっても2キロ弱先)に行くと緑道が整備されていて、散歩をするのに気持ちがいい。
土日に始めて歩いたら、親子連れがザリガニ釣りをしていた。鯉は放しているものの、くちぼそなどの小魚もたくさん泳いでいて、人工的なものの生態系が出来ている。

よく、どうしてこんなところに鯉が?と思うところに放されているが、あれはもし何か有毒なものが流されたときにわかるように放流してあると聞いたことがある。この入江川も一カ所だけ鯉が数匹放されている。

この入江川、昭和の時代は生活排水が混ざりかなり汚い状態だったそうで、平成に入り下水処理した水を一定量流すことで自浄効果を推進させて水をきれいにした。水質の浄化の成功例として国にも認定されている。
これからの季節、憩いの場としていいところを見つけた。

見えない看板

何カ所かあって、見えるところもある

鶴見区から神奈川区をのぞむ

川は右に左に移動する

豚かたまり肉の塩麹低温調理

肩ロース肉の塊が安かったので自家製塩麹につけておいた。二日つけて、低温調理をすることにした。

温度や時間は人それぞれで、全自動の調理器を持っている人はいいが、うちにはないので時間は短め。
お上の推奨は中心部分の温度が65度で30分だったか。
じゃあ、だいたい65℃に保って3~40分でいいだろう。

できあがってから、フライパンで焼き目をつける。焼き目をつけてからの方が多いが、シェフによって科学的には後の方がいいらしい。メイラード反応のことだが、それよりも香ばしさを効果的にするからだそうだ。

切って食べてみると、ハムみたいな味。ちょっと物足りないけど、豚を焼いただけのパサパサ感は全くない。塩麹にする効果もあるが、思ったよりも強くは出てこない。でも、ハムのような味がするのは塩麹の影響かもしれない。

塩麹漬け低温調理

帯状疱疹

自分や身内が病気になると病気について調べるので、必然的に詳しくなる。
今回は帯状疱疹。病気自体は知っていたが、プロセスに興味深いものがあった。

帯状疱疹の原因はウイルス。それも、水痘ウイルスという子どもの頃に罹患する水ぼうそうのウイルスと同じ。一度水ぼうそうにかかると抗体が出来て症状が治まる。そして、神経節にウイルスのまま潜んでいるのだ。そして、ストレスや加齢、疲労などで免疫力が下がると一気に増殖して帯状疱疹という湿疹として体に現れる。
50代から急激に増えて、80歳までには3人に1人がかかるそうで、一度かかるともう次はかからない。激痛を伴うものもあり、発症する場所によっては命の危険もあるので、速やかに受診した方がいいし、治るのも早い。

どの神経節に潜んでいたのか、発症するとわかる。
わかっても何もいいことはないが。