契約社員を募集してるぞ

JR東日本で契約社員(グリーンスタッフ)を募集している。
1.仕事内容
グリーンスタッフ(契約社員)として、以下のいずれかの業務を基本に従事していただきます。
【(1)〜(4)の業務を複数行う場合もあります。】
(1) 出札・・・みどりの窓口におけるきっぷ類の販売
(2) 改札・・・改札口における運賃の精算・案内
(3) 案内・・・駅構内のお客さま案内
(4) 旅行業・・・びゅうプラザの旅行カウンター業務
2.応募資格
高等学校卒業以上の方(高等学校を平成20年3月に卒業見込みの方は除く)
ただし、「びゅうプラザの旅行カウンター業務」に従事する場合は、高等学校卒業以上で以下のいずれか一つの条件を満たす方に限ります。
(1) 旅行会社での実務経験(カウンター業務等)を有する方
(2) 旅行業の実務教育に関わる大学・短期大学・専門学校を卒業の方、または平成20年3月に卒業見込みの方
(3) 総合または国内の旅行業務取扱管理者資格を有する方(一般または国内の旅行業務取扱主任者資格を有する方も同様とします。)
別ページに質問コーナーがあった。
一番最初の質問。
Q1.募集にあたっての年齢制限はないのですか。
A. 年齢を問わず人が好き・接客が好きな方にご応募いただきたいと考え、年齢制限は行っておりません。
(応募に際して年齢制限はありませんが、採用はいたしません。)
お茶の水女子大の受験資格に女性である必要がないのと同じだ。
合格はできるが、入学資格がない。
要するにJTBに15年勤めて39歳で課長になりましたが退職しました、なら採用してやってもいいかも。
ぼくは国内旅行取扱主任者を持っているから、旅行業で応募できるけど、いくら何でも未経験の39歳を採用するほどJR東日本もバカじゃあるまい。
月給18万5千円と精勤手当年間74万なら今の方がましだし。
それよりもJR東日本ってすごいんだな。
資本金 2,000億円
売上高 1兆9,400億円(平成19年3月期)
社員数 63,140人(平成19年4月現在)
旅行会社を作ってマルス端末を手に入れ、自分の思い通りのきっぷを発券するという、鉄道マニア共通のあこがれはある。
でもそのきっぷはタダなわけではないんだよな。

会食恐怖症

こんな症状を聞いたことがありますか。
病気なのか、病気ではないのかわからないが、要するに外食が苦手。
カミングアウトしますが、ITこじまもそうです。
外食が苦手です。おなかが痛くなったらどうしよう、そのような強迫観念から食欲がなくなり吐き気がします。
ぼくは最低限は何とかなりますが、本当は外食は苦痛です。
かろうじて、居酒屋のようなぼろいところでおつまみをつまみながらお酒を飲むのはなんとかできます。
でも、フルコースのように「あなたの分」が確定していたり、トイレには行かれませんよという状況は苦手です。
だから今でも、「今度呑みに行きましょう。」は言いますし、お答えします。
でも、「今度食事に行きましょう。」は返事をしてもおそらく実現しません。
催眠療法やいろいろやってみましたがだめでした。人前で上がらないように、と同じように簡単には治りません。
人前ではあがりません、女性に何でも言えます、ただ外食だけがだめなんです。
実際にぼくと会ったことがある人も、そんなこと気づいていないでしょう。
単なる苦手意識かもしれません、でも自信をつけようとすると自宅での昼食時に腹痛が起きたりするのです。
ああやっぱりだめだ、そんな気持ちが潜在意識にすり込まれます。
おなかが痛い、このことで失敗だらけです。
このおなかが丈夫だったら確実に人生変わりました。
それを言い訳にするわけではないけど、チャンスは確実に失った。
日本人のビジネスは特に食事やお酒でしょう。
かろうじてお酒は少し飲めたから、ビジネスで最低限のつきあいはできた。
トイレどこだろう、おなか大丈夫かな、こんな気持ちから解放されたい。
一生の半分来て、この40年トイレの心配がなかったらどんなに世界が広がっただろう。
旅行も行くけど、好きな乗りものにも乗れず本当に悔しい。
甘いものが大好きなのに、食べたら体調崩すから食べられないという状況を想像すればわかるかな。
ただ、こんなことは大したことないんだよね。命には関わらないし。
おなか痛くても死ぬことはないし。
楽しまなければいいんだ、とあきらめた。

XOOPSアップデート

このブログはXOOPSがベースになっています。
新しいバージョンがあるのでアップデートをしてみました。
管理メニューが正しく表示されなくなってしまいました。
何がいけなかったのでしょう。
これでこの連休はこれにつきっきりになりそうな気もします。
しかし、企画を考えないといけません。
伊豆諸島IT講習会開催計画、アイリットパソコン倶楽部講師養成プログラム。
なまけ者の連休働き、ええぼくのことですとも。

海王丸

窓から海王丸が見えた。
この海王丸は、独立行政法人航海訓練所の所属で、海員養成学校が利用しているようである。
つまり、海洋大学や、船員学校などが航海演習に使うらしい。
みなとみらい地区にある海王丸?
あれは初代海王丸で、以前は富山に係留されていたものらしい。
今日見た海王丸は正確には海王丸?なのだ。
IHI(石川島)マリンユナイテッドに入渠(にゅうきょ)とある。
つまり、ドック入り。何かメインテナンスをするみたい。
28日には東京港有明ふ頭入港予定になっている。
帆船というと、プラモデルで作るとすごく難しいんだ。
一本一本ロープの代わりのたこ糸を張ったりしてさ。
むかし、バイキングなどを作った(挫折した)ことがある。
独立行政法人航海訓練所のWebサイトへ
クリックで拡大
海王丸

演芸

浅草演芸ホールに行ってみた。
平日の朝からいるのは平均年齢が70歳前後。
朝11時40分から、夜の9時まで30人以上の落語といろもの(漫才や曲芸、手品など)を見て帰ってきた。
はっきり言って、惰性で仕事をしている人がほとんど。
本当の芸人、おもしろかった人は片手で数えられるくらい。
家では、小さんや志ん生圓生など昭和の名人を聴いていると、生でも物足りない。
独演会など行けばまた違うと思うが、一日いられという以外は2500円を払う価値はないかな。
青菜という落語で出てくる柳陰、関東では(本)直しというお酒。
なんのことだろうと調べてみたら、ミリンに焼酎などで割ったものらしい。
暑気払いなどで飲まれた、今でいうカクテルのようなもの。
江戸時代に生まれ、酒税法で焼酎に少しでもミリンが入っていれば、ミリンとして酒税が安かったらしい。
しかし、そこは大蔵省、いまの発泡酒に税をかけるようにしたと同様この直しにも焼酎と同じ税率になった。
というわけで、(本)直しはほとんど製造されなくなった。
こじまさんはおもしろい人ですね、と言われますが影で努力してるんです。
そのうち刑務所でも慰問しますよ。ふふ。

Kチーム

中央区で鳴らした俺達IT部隊は、票がまとめられず落選してしまったが、
中央区を脱出し、ハマに流れた。
しかし、ハマでくすぶっているような俺達じゃあない。
筋さえ通れば組織票次第でなんでもやってのける命知らず、不可能を可能にし巨大な悪を
粉砕する、俺達、IT野郎Kチーム!
俺は、リーダーITこじま大佐。通称ハンニバル。
奇襲戦法と変装の名人。
俺のような天才策略家でなければ百戦錬磨のつわものどものリーダーは務まらん。
俺はITこじま。通称フェイスマン。
自慢のルックスに、女はみんなイチコロさ。
ハッタリかまして、街宣車から浮動票まで、何でもそろえてみせるぜ。
よおお待ちどう。俺様こそITこじま。通称クレイジーモンキー。
役に立たない乗りもの知識は天下一品!
泡沫候補?落選候補?だから何。
ITこじま。通称コング。
小銭稼ぎの天才だ。太田代表でもブン殴ってみせらぁ。
でもトイレなし車両だけは勘弁な。
俺達は、道理の通らぬ政治の世界にあえて挑戦する。
頼りになる神出鬼没の、IT野郎Kチーム!
助けを貸したいときは、いつでも言ってくれ。

政治とカネ

最近政治とカネがとりざたされている。
政治家を志した末端として意見を言うと、有権者がもっとしっかりしなければいけない。
政治家の一番の関心事は選挙だ。
選挙に通りさえすればいい。
有権者はどうだろう。
なんとなく感じがよかったから入れた。
駅前で握手をした。
名前を何となく覚えていた。
極論を言うと、民主主義がいけない。
愚かなものが選べば愚かなものが選ばれる。
動物の王様を選挙で決めたらどうなるだろう。
数が少ないライオンは絶対に王には選ばれない。
シマウマやブタが王様に選ばれるだろう。
政治家を非難するなら、それを選んだ有権者も非難するべき。
こんなやつをどうして選んでしまったんだろう、と後悔するべきだろう。
特に、利権だけ考えた地方議員を選んだ地方はもっと考えてほしい。
地方が日本を滅ぼすと思っている。

次のイベント

三浦半島いもほり大会。
京浜急行津久井浜駅徒歩25分。
大人800円8株つき。
地引き網もつけましょうか。
三浦半島はミカン狩りもできます。
ミカンは取れたては酸っぱいのです。
静岡あたりでも食べられないくらい酸っぱかった。
舌がしびれるほど。
誰も参加しなそうだから他のイベントを考えましょう。
防波堤釣り大会はいかがでしょう。
場所:横浜市営磯子海釣り施設
道具がない方には、ぼくの手持ちを貸しましょう。
どうせなら船でという意見が出そうですが却下です。
なぜなら、酔うから。
先日もヨットに乗って酔いましたとも。
横浜のお友だちもつくらないと。
ハロー横浜シティ

ロハス

ロハスとは…
Lifestyle of health and sustainability
健康と継続できる生活スタイル。
きっとこれから一番大切になるであろうこころだと思ってる。
安ければいい、手軽だからいい、そんな考え方は捨てなければいけない。
少しの手間を惜しまない、もったいないという気持ちを忘れない、もっとおりこうになろうよ。
きれいだからこっちの方がいい、楽だからこっちがいい、そんなことではいけないよ。
京浜東北線を知っていますよね。大船から途中山手線と並んで走って大宮まで行く電車。
あそこで走ってる車両は209系といって93年に投入され「重量半分・価格半分・寿命半分」をコンセプトに開発された。
その寿命がやってきて、今年の末から一気に新車に置き換える予定。
80編成800両。そのうち少しコンセプトの違う2編成20両は京葉線に回すけど、それ以外は廃車。
解体して捨ててしまう。リサイクルなんていっても、くず鉄と同じ。
東京メトロ千代田線の車両は開発にとてもお金がかかり、40年使える電車をコンセプトに開発された。
今でも改造を重ね、見劣りすることなく走っている。
ものを大切にしていた頃の電車だから。
京浜東北線は設計した概念が使い捨ての車両だから仕方がないかもしれない。
でも、直すより捨てて新しく買った方が安い、それでいいのかな。
金属疲労もあるだろうし、経営効率を考えたら新車を入れた方がいいのだろう。
消費は経済を発展させる、そんな経済のしくみを変えなければいけないと思う。
確かに新しい電車はどんどん省エネになって、昭和40年代の電車の消費電力の半分以下。
経済発展が進んで地球の寿命が短くなることに気がついた方がいい。
安いからって中国製の製品はでたらめだった。
安い高いだけでなく、本質をもっと見ようよ。
そろそろみんな気がつこうよ。

列車無線

うちは列車無線が傍受できる。
今日は朝からずっと無線のやりとりが頻繁だった。
首都圏JRの場合聴くべき無線は大きく分けてふたつある。
ひとつがラジオのように一方的に流されている旅客一斉情報。
車掌室や運転室、駅で常時流れている。
情報がはいると、「ピンポンポンポン♪山手線列車遅延に関する情報です。」と流れる。
何かあったときに車掌がアナウンスしたときにバックに流れていることがあるのがこれ。
もうひとつは、運転指令と乗務員とのやりとりの無線。
これは線区によって細かく分かれていて、東鉄指令とか総武指令、山手指令などがある。
「○○(列車番号)列車の運転士応答どうぞ」
「○○列車の運転士です。」
「何時何分、指令者おけらで運転抑止解除します」
みたいな感じ。これはふだんはやりとりされないのと、先の旅客一斉情報とふたつはいっぺんには聴けないので何かあったときだけ周波数をあわせてみる。なお、新幹線はデジタル化されていて聴けない。私鉄も周波数帯が違うので聴けない。
駅や車内の放送で「情報が入り次第お伝えします。」という情報は旅客一斉情報によるのでうちと同じ。
電波法では警察無線なども(デジタル化されていて普通には聴けないが)聴くことはまったく法律に触れない。
しかし、その内容を人に伝えたりすることは電波法に抵触する。
だから何を聴いたかは教えられないよ。