列車無線

うちは列車無線が傍受できる。
今日は朝からずっと無線のやりとりが頻繁だった。
首都圏JRの場合聴くべき無線は大きく分けてふたつある。
ひとつがラジオのように一方的に流されている旅客一斉情報。
車掌室や運転室、駅で常時流れている。
情報がはいると、「ピンポンポンポン♪山手線列車遅延に関する情報です。」と流れる。
何かあったときに車掌がアナウンスしたときにバックに流れていることがあるのがこれ。
もうひとつは、運転指令と乗務員とのやりとりの無線。
これは線区によって細かく分かれていて、東鉄指令とか総武指令、山手指令などがある。
「○○(列車番号)列車の運転士応答どうぞ」
「○○列車の運転士です。」
「何時何分、指令者おけらで運転抑止解除します」
みたいな感じ。これはふだんはやりとりされないのと、先の旅客一斉情報とふたつはいっぺんには聴けないので何かあったときだけ周波数をあわせてみる。なお、新幹線はデジタル化されていて聴けない。私鉄も周波数帯が違うので聴けない。
駅や車内の放送で「情報が入り次第お伝えします。」という情報は旅客一斉情報によるのでうちと同じ。
電波法では警察無線なども(デジタル化されていて普通には聴けないが)聴くことはまったく法律に触れない。
しかし、その内容を人に伝えたりすることは電波法に抵触する。
だから何を聴いたかは教えられないよ。

あらためまして

あらためましてこんにちは。
ラジオのアイドル番組や声優番組でよく聴くフレーズです。
あらためる必要があるのでしょうか。
林原めぐみは好きですが、声優には興味ありません。
最近よく聞かれる質問です。
「こじまさんは働いているの?働いているならいつ仕事をしているの?」
土地や有価証券などの資産はありません。
有価証券は転売目的で買った記念Suicaやオレンジカードくらいでしょうか。
よって働いています。ただそれを人が仕事と思うかどうか。
ここの院長や奥様ににパソコンを教えたり。
浅野歯科医院
24時間戦えますか、の名のもとに過労死しない程度に働いています。
あとは、意外だとお思いでしょうが鉄道が好きです。
パソコンヲタクだからITこじまではなくて、IT企業の一員だから。
ITがみんな儲かるわけではない、ということをみなさんに紹介しています。
脳内メーカーというサイトで調べてみた結果はこれです。

中条きよしを思い出させる結果です。ぼくには関係ありません。
皆さんもこちらからやってみなさい。
脳内メーカー

第1回東京湾納涼船乗船会

昨日はmixiつながりの方たち総勢5名で楽しい夜になりました。
中途半端な船内で議論しているうちに羽田沖を折り返し、あっという間に帰ってきてしまいました。
ぼくは胸肉のドネルサンドの中身のようなものを買いましたが、店員のトルコ人がお釣りを金券でくれました。

200円だからあとで何か買えばいいや!
ええそのまま持って帰ってきましたとも。H19年と書いてあります。
この券には書いてありませんが、たしか表紙に今年度限り有効ですとあります。
そして、来年は券の色を変えるでしょう。
というわけで今回日程が合わなくて参加できなかった方を再び募り、第二回を開催します。
ただ、週末はすごい人なのでどうなるかわかりません。見込みで先に予約をするか…。
9月24日までなので事務所とマネージャーと相談して日程を決めます。

気になったニュース

今日はふたつのニュースが気になった。
夏休みの宿題を代行するビジネスが繁盛していること。
自殺しようとした女を止めて警官が亡くなったときわ台駅で飛び込み自殺があったこと。
サザエさんでも今頃の話題として毎年、波平とマスオがカツオの宿題に手を焼いている。
夏休みの宿題を親が手伝うのは暗黙の了解だった(と思う。)
夏休みの工作などは器用な祖父が頼みもしないのに率先してやってくれた。
ぼくは9月になってから提出期限までの間にどうでもいいものは適当にやった記憶がある。
行楽地に出かけると、買ってきたお弁当を広げてる家族がとても多い。
最近の親はいろいろ忙しい。仕事もあるし、遊びもあるし。
宿題の代金を子どもが払うわけないのだから、結局親が楽をしたいから。
中学受験でも、親が重大な鍵を握るんだ。どんなにいい塾に通ってもお母さんがしっかりして、子どもが家で勉強できなければ絶対に合格できない。お父さんが教育熱心ならお父さんでもかまわないが。
もうひとつ、ときわ台駅での自殺。
この自殺した男は殉職した警官のことを何とも思っていないのだろうな。
生きていれば必ずいいことある、とは思うけどそれがいつかはわからない。
何の希望もなく、毎日が地獄のようだったのだろう。
せめて、ときわ台駅はやめてほしかった。誰にも迷惑かけずにおこなってほしい。
あるいは、全臓器を移植する承諾書を書いて死んでくれ。
電車に飛び込むような勝手なやつが人のことなんて考えないよな。
極論だけど、自殺するような弱い人は人間でなければ天敵に食われたり生存競争に負けていたのだと思う。
夏休みの宿題は、それが本当に必要なことでなくても世の中にはやらなければいけないことがあるんだ、という教訓にはなるな。
さ〜て明日のサザエさんは…。
ITこじまです。給食費は払わない方が得、なんて言ってる親がいる時代です。こんな親からこの子ありです。
イクラの機関車、ママ色のベスト、ぼくたちみんなの校長先生の三本くらいです。
ジャンケンポン…イヒヒヒヒヒ

まさにウン休

JR西日本にこんなニュースが。
産経新聞より。
31日午前6時15分ごろ、兵庫県尼崎市のJR福知山線の塚口駅で、同駅発京田辺行き上り普通電車(7両編成)の男性運転士が、先頭車両の運転室内が便で汚れているのを見つけた。直前まで運転室内にいた男性車掌が便意を我慢できず、「もらした」などと話しているという。
 においが残り運転に支障が出ることから、JR西日本はこの電車を回送にして乗客約300人を後続に振り替えた。この電車を含め上下線計4本が運休し、約1700人に影響が出た。
 JR西によると、普通電車は直前に塚口駅に到着し、折り返し運行される電車で、車掌と運転士が入れ替わる予定だった。
 車掌は折り返し前に京橋駅からこの電車で業務に就いていた。途中で便意を催し我慢していたが、尼崎駅を過ぎたあたりで耐えられなくなったという。
乗務員がトイレのために列車を停めることは指令の許可を得れば認められていると聞いたことがある。
指令というのは声だけの闇のの組織ではなくて、運輸司令所のこと。
事故が起きたときなど、無線で直接車掌や運転士に呼びかけて、発車しろとか、待機しろとか指令を送る絶対的な存在。
ずっと昔の国鉄時代の話、雪国で列車が何時間も立ち往生し、乗客は寒さと空腹に耐えていた。
やっと近所の旅館などから乗客におにぎりが届くことになった。
そのとき事故は復旧し、指令はすぐに発車しろと指示した。
そこで車掌は、あと数分待ってくれ、食事が届く、と言ったが、指令は再びすぐに発車しろと言った。
車掌は絶対的な指令に逆らって、「あんたたちは暖房の効いた部屋で指示するだけじゃないか、現場は大変なんだ。」と大げんかをしたらしい。指令が折れて、出発を遅らせ乗客は食事にありつけたそうだ。
でもこのうんこ車掌は日勤教育確定なんだろうな。

ネットカフェ難民

ネットカフェ難民全国で5400人…厚労省発表。
そんな程度だろうか。
ネットカフェ難民とは、定職を持たずネットカフェなどに寝泊まりし日雇いやアルバイトなどに出かける方々のこと。
ネットカフェなどのなどには24時間営業のマクドナルドも入るだろう。
この方々見かけで判断できないホームレスではないだろうか。
私たちの親の世代や、定職を持った方々には理解しがたい人たちだろう。
働くのが当然、と考える人にとっては「甘えてる。」「世の中そんなに甘くない。」などと思うだろう。
実際甘えてる人や、意識の低い人が多いのも事実。
極論を言うといまの社会構造が、働くと企業だけが豊かになるという構造がいけない。
そして儲かった企業の、ごく一部の人間が巨万の富を得る。
国策も法人税を優遇して、所得税は取れるだけとる。
額賀経済相は消費税率アップは必至とおっしゃっているし。
国際競争力を下げてでも法人税を上げればいいじゃないか。
生きてゆければいいや、という結論に達すると勤労意欲なんて簡単に失う。
結婚できなくてもいいや、子どもがいなくてもいいや、ますます一生懸命働こうなんて思わなくなる。
安倍首相が「いつでもやり直せる社会を作る」とおっしゃっていたがそれははじめから無理だ。
いちどつまづいた人間はそう簡単にははい上がれない。
まじめにコツコツやってきた人間が報われない。
そのことを単に、運が悪かった、なんて思ってるうちは絶対にはい上がれない。
蜘蛛の糸を探してみよう。

改造内閣

安倍改造内閣の人事が発表されました。
舛添が(あえて呼び捨て)厚労相になりました。
その内容はどこかのニュースをご覧いただくとして、「なぜ今やるの?」と思っている方はいませんか。
内閣総辞職でもないのに大臣を変えるということは、選挙の結果を見て「これじゃあだめだ。」ということで安倍首相が内閣人事を変えてやり直します、ということです。
総理大臣になってはじめての人事じゃないから、改造内閣といわれるのです。
「どうして今なの?どういう根拠?」という質問には、今しなければいけないという法律からではありません。
ただ、選挙に敗れて次の選挙に向けて新しくやり直しましょう、といったところでしょうか。
いまの安倍首相はご存じの通り自民党議員ですから、今回の人事のほとんどが自民党議員です。
仮に、共産党が今度の総選挙で衆議院の過半数を占めれば、総理大臣は共産党から選ばれ、大臣もほとんどが共産党から選ばれるでしょう。
そうなると、共産党の委員長に誰がなったとか、要職に誰が就いたかが国政に影響を与えるから大きく報道されるわけです。
だから今日、自民党幹事長に麻生太郎氏、官房長官に与謝野馨氏が選ばれたと、自民党の出来事を日本の出来事として報道するわけです。
幹事長は党三役のうちのナンバー2で、公認を決めたり、予算を組んだり、総理の次に絶大な力を持つポストなのです。
次期総理に一歩近づいたと言えるでしょう。
その前に総選挙になって、共産党が与党第一党にならなければですが。
ちなみに、私はぜんぜん共産党を支持していません。赤旗も読んでいません。
家計はいつも赤字の白旗ですが。
Webサイトのザ・選挙の政治家ブログに載っている割には、少し易しすぎる内容でしょうか?

プラ寝たリウム

ぼくはご存じの通り(誰も覚えていないでしょうが)横浜こども科学館の事業モニターです。
先日も視察に行って、あまりにも子どもが多すぎて調査意欲をそがれて帰ってきました。
仕事柄、勉強は教えられても親のように普通に接することにとまどいます。
ひとりっ子なのといとこは誰もが未婚だから、親戚の子どももいないし。
まあ科学館で子どもに接する機会はありませんが。
変に話しかけたらあぶないお兄さん(ええおじさんですとも)になりかねませんし。
さて、科学館にはけっこう立派なプラネタリウムがあります。
工費などはわかりませんが、市営で入場料を科学館とは別に大人600円必要と考えればおわかりいただけるでしょう。
前半にお約束の星座解説を20分強、後半にアメリカの自然博物館が制作した宇宙の何とかというものを20数分上演します。
緒方直人がナレーションでCGで構成された地球の出来るまで、のような内容です。
先日は後半の大半を不覚にも寝てしまい、内容がわかりませんでした。
覚えているのは爆発音だけ。
今日は星座解説のうちに寝ておこうと思い、前半うとうとしました。
後半は意識が薄れながらも何とか鑑賞してきました。(退屈なのか?)
要は、地球には惑星が衝突していろいろ起きたと。(えらく要約)
6900万年前、直径12キロの惑星が衝突し、衝撃と惑星のかけらで地球が火の海になり生物の75%が死滅したと。
これで恐竜は絶滅したらしい。地球は1時間気温250℃になり、煙で太陽の光は半年間届かなかった。
この猛暑をきっかけに地球環境についてひとりひとりが考えないといけない、誰かが考えるではいけないんだ。
地球に惑星が衝突するのを見て思った結論でした。

三宅島空港来春再開

当面は一日一便、東風の時のみ運航らしい。
都庁や三宅村役場で話を聞いてきたが、三宅島航路再開には航空会社が難色を示してきていた。
三宅島空港の半分が火山ガスの高濃度地区にかかってしまっていることと、航空機が火山ガスによって腐食してしまうおそれがあるということである。
そして最大ではないかと思うのが、採算が取れるかどうかということである。
現在の状況ではガスが出ている以上大々的な観光戦略は打ち出しにくい。
やはり観光客が少なければ採算がとりにくいのではないだろうか。
写真集にも載せたように、空港の近くに村役場があり「三宅島にジェット機を運航させよう」とあった。
ジェット機が就航するにはまだまだ険しい道が続く。

懐かしいマンガ

事業モニターである横浜こども科学館に行ってきた。
夏休みでもあるので当然すごい数の子どもたち。
ぼくは子どもがいないながら教員という仕事で、かろうじて子どもたちと接するすべはある。
しかし今回は接する機会もなく、本が置いてあるコーナーへ行ってみた。
そこで、学研の「ひみつシリーズ」というマンガを発見。
鉄道のひみつは新しかったけど、人のからだのひみつ、コロスケの科学質問箱、など懐かしい本がたくさんあった。
およそ27年ぶりの再会。このマンガは夢中で読んだんだ。
走り回る子どもたちを見て、これだけ子どもたちに好奇心があるのに、どうして理科教育が停滞してしまうのだろうと思った。
あきらかに学校教育に問題があるのではないだろうか。
「今の子どもは」という言葉をよく耳にするが、教育現場で接した子どもたちは今も昔もあまり変わらないように思えた。
そんな子どもたちの純粋な好奇心を理科への興味、学力の向上へ結びつけるにはどうしたらよいのだろう。
どうして今の教育はそんな子どもたちの純粋な興味を伸ばすことができないのだろう。
教員である、親であるおとなの心が錆びついてしまっているのだろうか。

mixiの制限

先ほど皆さんにメッセージを差し上げたのですが、mixiの制限で1時間に20通しか同時に送れません。
早くもお返事いただいた方にお礼のメッセージをお送りしたいのですが、上記の制限で送れません。
すぐに送りたいのですが、ごめんなさい。順次お送りしますのでしばらくお待ちください。
週末は予約が取りにくいので、月曜日というあまりよくない曜日にしてしまいました。
みなさん週末がよろしければ何とかします。
お返事いただいた方々、ありがとうございました。
こじま

げろげろ

岐阜県の下呂温泉のはなし。
奈良時代に宿駅として下留(しもつとまり)が設置され、それがいつしか「げる」と読まれるようになり、
げる→げろ
お風呂の呂を当て字にして、下呂。
中呂、上呂という地名もあるのです。
由来を知ると、なんかおもしろくない。
高山本線下呂駅