新幹線

新幹線に最後に乗ったのは、東京から新横浜の0系のこだま。96年くらいかな。
実はJR九州の新幹線はもちろん、JR東日本の新幹線は乗ったことがない。
つまり、東北・上越・秋田・山形・長野新幹線に乗ったことがないということになる。
東海道山陽は全線乗って、東京から博多まで駅名がすべて言える(小学生の自慢並)。
このあたりが皆さんよくわからないでしょう。
広島、新岩国、徳山、新山口、厚狭、新下関、小倉、博多、博多南…
あとは静岡のあたりがよくわからないでしょう。
正確には博多南は在来線特急扱い。
新横浜のガードに新幹線が通過したのだけれど、おそらく200キロ以上なのでもの凄い速さ。
東京では日劇(いつだよ)のガードで新幹線をよく見たけど、なんかのろのろ走ってた。
東京から品川くらいまで新幹線はノロノロ走っているので、久しぶりに速い新幹線を見た。
この新幹線の一両の値段はご存じ?
1両およそ2億3000万円。
16両編成だから、1編成およそ36億4000万円。
サラリーマンが一生かかっても一両も買えない。買う必要もないが。
JR西日本が所有する500系は1両およそ3億円。16両で約50億円。
ひとりあたりの電気代が、東京電力の家庭用に直すと1時間あたり300円くらい。
1300人くらいの定員だから、39万円くらいか。
大阪まで2.5時間だから、およそ100万円くらい。
これはコンセントの電気代の計算だから、実際は50万円前後だろう。
ちなみに新幹線の架線電圧は交流25000ボルト。
コンセント250個直列つなぎしないといけない。
つないだところで電流が足りないので、動くわけがない。

理系のぼく

どうして自分は理系に進んだのか考えてみた。
理系といっても、数学は好きだけど苦手、物理は勉強したことない。
仕事柄生物は得意だけど、本当は数学ができたりもっとコンピューターができることにあこがれるな。
数学よりも国語の方が得意だった。
今でもいわゆる受験の国語は自信がある。
どうして理科が好きになったのか思い出すと、ひとつのアイテムが思い浮かぶ。
学研の図鑑
当時、980円と1280円の二種類だった。
母と出かけたときに一冊ずつ増え、最終的には30冊くらいになっただろうか。
電車・機関車は熟読したのは当然で、人のからだ、植物など見るうちに理科が好きになった。
くり返しくり返し見ることで、図面や解説が頭に入ったのかもしれない。
中学受験のために四谷大塚に行ったり、塾に通ったけど結局算数ができずに断念した。
その後も数学はやっぱり得意にならなかったな。
理科が好きになるかは子どものときのきっかけが大きい。
山に行った海に行った、そのときに生物に触れあった、そんな経験が興味や関心につながるのだと思う。
やっぱり子どもたちに理科の楽しさを伝えたい。
横浜こども科学館はせっかくつながりができたから、ボランティアでいいから何かお手伝いを申し出てみよう。
理科を勉強すると、いろんな現象が見えてくるよ。今からでもぼくと勉強しよう!(どん引き?)

青春18きっぷ

今や10億円以上の売上があるマニア御用達しのきっぷ。
ここで簡単におさらいしましょう。
1.利用期間があります。今期は12月10日〜1月20日(発売は1日〜1月10日まで)
2.年齢制限はありません。
3.1枚11500円で、JRの普通列車・快速列車に一日限り乗り放題が5回分です。複数人で利用はできますが切り離せません。
4.午前0時を過ぎて最初に止まる駅まで有効です。東京や大阪近辺のE電区間は終電まで有効です。
5.自由席グリーン車にはグリーン券を買えば乗れます。快速列車の指定席も指定券を買えば乗れます。
自由席グリーン車は実質、首都圏だけです。ムーンライトえちごのグリーン車は指定席なので乗れません。
その他、特急列車に特例で乗れる区間などがあります。
具体的には、1回分2300円ですから1150円以上の区間を往復すれば元が取れます。
横浜〜熱海が1280円。東京〜静岡3280円。東京〜広島が11340円。
大学時代に東京=広島を何度往復したことか。15時間かかるんだけど。
東京駅朝5時20分発の静岡行きは特急車両だとか、7時24分伊東行きは特急踊り子の車両だとか、裏技がいろいろあります。
よく、「時刻表なんて気にしない旅行がしてみたい」という御仁がおられますが、それは18きっぷには向いていません。
なぜなら、地方は信じられない列車頻度の上に地域によっては特急列車中心のダイヤになっています。
時刻表を持たない、または予習せずに行くと待ち時間ばかりで結果的にたいしたところに行かれません。
ぶらり途中下車の見過ぎです。あれは大都市しか通用しません。
他に質問があれば何でもお答えしますよ。
今期のポスターは氷見線の雨晴〜越中国分でした。ここは夏に行ったから親しみがあります。
青春18きっぷポスター

〜力

〜力をつける、という本やセミナーが巷にあふれてる。
自分力、観察力、洞察力、分析力、竹内力(落とさないと気が済まない)…
ビジネスに必要な〜力をつける、何かがおかしいと感じてる。
営業マンが心理学の応用のビジネス戦術を身につけるなどはよくわかる。
例えば、こんなやりとり。
営業マン「それでは全社で導入ということでお願いします。」
担当者「そりゃあ無理だよ。」
営業マン「そうですか、では第二営業部だけ導入ということでお願いします。」
担当者「それならできるかもしれない。」
これは、何とかの法則というやつで、無理な注文でも一度断ると断った方に心理的に負い目を感じる。
そのあとの交渉が有利になるのだ。
応用例
恋愛力のない男(彼女の家の前)「キスしていい?」
愚の骨頂。きみの最終的な目標はそこか。
また、聞いていいのは小田和正だけである。
恋愛力のある男(彼女の家の前)「今日泊まってっていい?」
女「えー無理無理」
男「じゃあキスして帰るよ。」
女「キスくらいなら…。」
思いきりそれた。
〜力って細分化する意味があるのだろうか。
結局はその人の、魅力や実力なんだよ。
あの人は〜はいいけど、〜がだめだなってよくあることで本人もわかってることが多い。
でも直るかな。欠点は誰にでもあってそれが致命的であるかないかの気がする。
見えないからこそ、不安になって何かにすがりたくなるんだよ。
どうしてこんなことを言うかというと、ぼく自身がそうなんだ。
起業しても、新しいビジネスを考えてもなかなかうまくゆかない。
それはぼくの〜力がないから、ではないと思う。
経営センスだったり、単なる能力だったり、人間的な魅力も足りないのかもしれない。
何か本を読んだり、セミナーを受けてその話に一喜一憂したって自分は変わらないよ。
本当に苦しい思いをしないと人は変わらない。
人の言葉を自分の言葉として身につけられる人にならなければ。

広告活動

できる経営者はアウトソーシング。
ポスティング、折り込み、色々調べてみた。
横浜市ではほぼ中区に絞ってみたので、中区を例にしてみる。
すべての家に入れるのなら、せめて新聞を取っている家にしよう。
年配者で新聞を取っていない人は少ない。
折り込み広告は、いわゆるリビングだの、ぱどだの、はまかぜなどというものに折り込むか、新聞に折り込むか。
料金は大して変わらなかった。それなら、新聞以外に折り込む理由はない。
次は、何新聞に折り込むか。
中区では、朝日、読売、神奈川、日経、産経、毎日、東京の順だった。
聖教新聞と赤旗はデータがない。
我が社のターゲットが団塊の世代の男性。
日経は会社で読む、という意見もあったのと、退職して日経読むかな、と思ったので日経はやめた。
富裕層をターゲットにすると、神奈川新聞より全国紙かな。(根拠はうすい)
富裕層の神奈川新聞購読者は全国紙も取っている気がする(勝手に想像)
というわけで、中区のさらに地区を絞って読売または朝日、または両方に折り込むことに決定。
ひとつの販売所にしぼって、5000部くらいかな。
概算だけど、折り込み料が3.7円、印刷料金が片面カラーの片面モノクロで2万円弱。
両方で4万円いかないくらい。
これで一人でも入会すれば、採算ラインにはなるかな。
どなたか紹介していただいて、その方が入会したら1万円はお支払いしますよ。
茶色い神奈中。60系統南区役所循環。舞岡営業所の11系統と共通運用らしい。
茶色い神奈中

JAS法

正式名称は(またか)
農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律
この法律は、飲食料品等が一定の品質や特別な生産方法で作られていることを保証する「JAS規格制度(任意の制度)」と、原材料、原産地など品質に関する一定の表示を義務付ける「品質表示基準制度」からなっています。
(農林水産省から引用)
戦後すぐのでたらめだった食品表示を規格化したのが昭和25年、昭和45年に消費者のために表示が改正され、平成11年に表示が義務づけられた。そして、平成17年に外国の圧力に負けて表示方法を変えた。
つまり、製造日を記載すると外国から輸入したものは古い印象があるじゃないか、これじゃあ不利だから賞味期限、消費期限に変えろと諸外国からの圧力に屈した。
製造年月日だと、各自で判断していた。もう1週間たったからまずいなとか、まだ4日だから大丈夫みたいに。
ところが、消費期限・賞味期限になってわかりやすくなった反面、本当は食べられるはずのものも捨てられてしまっている気がする。
おかげでスーパーで半額で買えたりするのだが。しかしそれも回り回って、他の品物の価格に反映しているのだろう。
ギャル曽根、かわいいんだけどテレビの大食い企画、何か間違っていないか。
食べるのだからいいかもしれないけど、あれは食べ物で遊んでいるのではないのか。
外食産業で毎日大量の食べ物が捨てられている、その方がよっぽどすごい量だと思う。
こいつ、こんなに食べるよ、そういう構図が学校のいじめの発端になると考えるのは考え過ぎか。
食糧危機がやってくるのは時間の問題なのに。
ごはんをたくさん食べて何が自慢なんだ?

横浜市立動物園

横浜市立動物園は、4つある。
横浜市立金沢動物園(金沢自然公園内)
よこはま動物園ズーラシア(横浜動物の森公園内)
万騎が原ちびっこ動物園(こども自然公園内)
そして、このたび命名権が売り出された野毛山動物園。
期間は5年で、年間5000万円以上。
つまり、これだけ払えば好きな名前にできるのだ。
株式会社上野(架空)が、上野動物園にするとか。
公序良俗に反するものなどは当然横浜市が却下する。
ちなみに、横浜こども科学館も命名権が売りに出されていて、おいくら万円にするかは相談するらしい。
野毛山動物園は入園無料で、100種1000種類くらいの動物が飼育されている。
年間1億3800万円程度の経費がかかるらしい。
桜木町から歩いて行くと長い坂道のサミットにある。
ちょっと古くさいけど、昭和のにおいがする動物園らしい動物園。
入園料とらない分、物販を充実させるとかもう少し工夫ができると思うけど、そのあたりが市立なんだろうな。
入園料無料だからおみやげ買うときも財布のひもがゆるむと思うけど。
お金を取って飼育体験させてもいいし、理科の課外授業などを塾と提携するとか。
動物園は本来、社会教育施設で勉強や研究をするところなのだから。
パンダちゃんかわいい、が目的ではない。
平日のメインはレッサーパンダではなく、閑古鳥なんだろうけど。
野毛山動物園公式サイト
http://www.city.yokohama.jp/me/kankyou/dousyoku/nogeyama/index.html

今日のチラシ配り

とある駅で降りて、目的としている場所に歩いていった。
坂道を上ったり下ったりしてチラシを配っていると、火葬場があった。
火葬場があるところに金持ちが住んでるわけないじゃん。
いそいそと引き上げてきました。
次回から地域新聞など使って大量に配布することにしました。
社長自らチラシ配りしているようじゃだめだって。
明日から違った営業に行ってみます。
まずは「はまかぜ」あたりから行ってみよう。

もう遅いんや

今頃になってまた見返している、男女7人夏物語&秋物語。
同じような世代だった自分と、今の自分をいろいろ重ねて楽しんでる。
主役はツアーコンダクターの今井良介(明石家さんま)とフリーライターを目指す神崎桃子(大竹しのぶ)。
ツアーコンダクターはおいらも資格はあるんだよな、おなか痛くなるけど。
フリーライターか…。
高校時代からバイクに乗って(校舎の窓ガラスは割って回っていない)浪人して予備校に行って、大学に行ってひとり暮らしをして、全国チェーンのビジネスホテルのフロントでバイトして、引っ越しのために広島から東京をトラックで往復して、塾や予備校で先生になって、起業してひとり社長になって、選挙に出て議員になりそこねて…。
なーんだ、俺ひとりでドラマできるじゃん。
浜田省吾の世界のように週末にバイク乗って、ボストンバックにラジオと着替え押し込み街を出る?
高嶋政伸風ホテルマン(自分で言っちゃうかよ)で中途半端に出世する?
雪の下北一番星ことITこじま、「この車が女房よ。」
ドラゴン桜の阿部寛(また自分で言っちゃった)
起業して社長(ゲル・ビイツ)
選挙敗れる(ドクター中松)
マドンナは誰にしようかな♪
年上が好きだから、京唄子なんかいいかも。
「わてがITこじまさんを一流の政治家にさせて見せます。そうでっしゃろ。ポテチン」
このブログ、ザ・選挙サイトの政治家のブログ更新に載るんだよね。?(・∀・) コワレタ !!

チラシ配り

ここ数日、我が社の唯一の営業手段であるチラシ配り、業界用語(でもなんでもない)でいうポスティングをしている。
我が社の主たる業務は、シニア向け出張パソコンスクール。
出張だからスクールじゃない、という突っ込みは受け付けない。
家庭教師というと、なんかうさん臭くなるから。
メガネをかけた学生服の人が来そうだ。キテレツに出てくるベンゾーのような。
出張パソコン指南役、出張電脳指南役されたし、とでもしたらよいのだろうか。
パソコンが得意でない人が対象だから、インターネット経由で来るはずもない。
意外に口コミで広がらない。意外にパソコンやりたい人はつながっていないみたい。
お客さんはみんなに勧めてくれるのだけれど、ほとんど紹介に至ったことがない。
パソコン仲間も少ないから広がりにくいのもあるかもしれない。
全然知らない街で、各家のポストにA4のチラシを入れていくのだけれど、何か悪いことをしている気がしてしまう。
今まで一度も文句を言われたり、苦情の電話はかかってきたことはないが。
家の人がいると入れられなかったり、何かコソコソしてしまう。
うちのお客さんの通販会社は寺院向けの商品を扱っているのだが、一般商品も扱っているので一般家庭にもポスティングしたところ、宗教と勘違いされて気持ち悪いからやめてくれなど、たくさん苦情の電話があったらしい。
お金持ちの家は高台が多い。住所だと、〜台というところは比較的豊かな家が多い。
配るのも大変。生活するのも大変だから、来てもらおうという発想になるのだから駅から不便な家ほどうちの需要はあるのだとあたりまえのことにさっき気がついた。
枚数も限られているし、家を選ぶし、難しいこといっぱい。
全部の家に配る方が楽なのだろう。
今日はバイクででかけよう。駐禁とられませんように。職務質問されませんように。
免許証があって、チラシにはぼくの名前もあるから説明すればしょっ引かれることはないけど。
間違っても、巡査長のくせになどとは言わない。
でもポスティングついでに牛乳飲んだりしたら捕まるだろうな。
こんな時間まで牛乳置いてないって(自己突っ込み)。

通称ガソリン税

ガソリン税とは、正式には「揮発油税及び地方道路税」を総称している。
本来は、揮発油税24.3円、地方道路税4.4円 。
揮発油税は元々(といっても大昔)一般財源だったが、昭和29年から道路特定財源になった。
つまり、道路などを作るための税金。地方道路税は、国税で全額地方自治体に分配されてやはり道路を造るための税金。
しかし、昭和49年から数回暫定的に、租税特別措置法第八十九条第2項によって引き上げられ、
現在は、揮発油税48.6円、地方道路税5.2円の合計53.8円。
つまり、150円のガソリンのうち53.8円が税金になる。
暫定的 ということはいつまでなのか。もうすぐ期限がやってくる2008年3月31日。
いまや道路特定財源は余っている状況。この暫定措置は文句なく戻すべきでしょう。
ちなみに、トラックは一般的にはディーゼル車で軽油を入れている。
軽油には軽油取引税がかかっており、これは一律32.1円。地方の道路財源になっている。
トラックの方が高速道路を利用するようだが、燃料からの税金では負担していない。
延長するのをやめると、年間3兆円程度のガソリン税が半減してしまう。
半減する、で済ませるのかどうか。どこからか持ってくるのだろう。
無駄をなくす、という発想はないだろうから。
特に車を持っている人はガソリン税の暫定措置が、延長されるか廃止されるかは関心を持ちましょう。

今さらですがテロ特措法

テロ特措法って何だろう。
正式名称は覚えられないくらい長い。
平成十三年九月十一日のアメリカ合衆国において発生したテロリストによる攻撃等に対応して行われる国際連合憲章の目的達成のための諸外国の活動に対して我が国が実施する措置及び関連する国際連合決議等に基づく人道的措置に関する特別措置法
このテロ特措法は2年間の期限があり、その期限が11月1日だった。
延長しようとする自民党と、反対の民主党。
衆議院は自民党、参議院は民主党が過半数を占めているため審議に時間がかかり延長前に期限が来てしまった。
テロ特措法とは、アメリカのアフガン侵攻のために自衛隊が燃料補給艦に乗って協力しよう、ということ。
本来自衛隊は国内で、攻撃を受けてあるいは侵攻に対しての自衛しかできない。
問題は、この補給艦がどこでどれだけ補給したかは明らかにされないので、イラクに対する作戦に流用されたのではないかという疑念があること。
加えて、結局はアメリカの報復戦争を支援しているのではないか、自衛隊の9条の問題などから野党が反対している。
ごく簡単にいえば、本当に支援する必要があるのかどうか、ということ。
通常国会の会期が延長され、衆議院で3分の2以上の賛成が得られて衆議院の優越により可決される。
その前後に衆議院が解散するかもしれない。
衆議院の解散は、誰が決めるの?
意外にも何となく決まる。
正確には日本国憲法7条および69条によって決まるが、それはまた解散が近づいたらにしよう。
テロ特措法に賛成か反対か、自民党の言い分と共産党の言い分を聞くと両極端でわかりやすい。