旅行業どうよ。

さてこれからどんな事業展開をしてゆこう。
団塊の世代を対象にした旅行業はどうだろう。
じつはぼくは国内旅行業務管理者の資格を持っているので資金さえあればすぐに旅行会社が開業できるのだ、えっへん。
旅行業者には第1種から3種、旅行代理業などがあり、第1種は海外旅行の主催旅行も扱える旅行業者、第2種は国内専門だけど主催旅行が行える、第3種は国内専門で旅行手配のみ。旅行代理店業はJTBなどの旅行パックを販売するだけなどなど。
どうせなら、主催旅行がおこなえる国内旅行業者をつくりたい。そうなると、財産基礎が700万円、供託金が1100万円。
ようするに、会社の貯金を700万円くらいもっていて、会社がつぶれても被害者に払えるようにの供託金が1100万円。
1100万円を220万円にする方法があって、それは業界の協会に属すること。
でもその入会金が65万円だったり、80万円だったり。
でも万年赤字で資本金4万円の合資会社アイリットではできるかどうか…。
おいらが旅行会社をはじめたところで勝算はあるかな。
そう考えると、インターネットなど使って商売した方が手っ取り早そう。
余談だが、鉄道ファンのあこがれとして、思い通りの乗車券を発券したり、取りにくい指定席券など発券してみたい、要するにマルス端末(みどりの窓口などにあるキップを発券するやつ)を操作してみたいという夢がぜったいにあるはず。
自分の企画した旅行の経路で、ツアーを企画したいな。
当然マニア向けだよ。ひたすら鉄道乗りっぱなしとか。A寝台を降りたらグリーン個室で移動など。
とりあえず地方私鉄に運転体験ツアーで採算とれるか計算して問い合わせてみよう。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. こんにちわー
    面白い免許もたれてるんですね!
    元サラリーマンから旅行会社さんをやるならこれだけは!っての。
    某、大きな会社で働いていました。
    他の課の課長の知り合いの個人の旅行会社を使ってくれという
    相当につよいプッシュで使ったときのハナシ。
    ここが堂ヶ島です。
    はい降りましょう。
    えええ!満潮で入れない!?
    ゴニョゴニョ・・・(センターの人と話す)
    満潮時には、この中のセンターをみられまーーす。
    一同:見たくないですので、やめます!
    心の声:満潮ぐらい調べとけやぼけ!
    今回のせこいメインのイベントやろが!!!
    もちろんこんな人(会社)なので、ほかも
    連絡が悪く、みな相当に怒っていましたが、
    課長の紹介ということで泣き寝入りです。
    これいらい、個人の旅行会社ってのは
    まったく使わずに、JTBに戻ったのでした。
    ここでポイントは、やはり信頼でしょう。
    信頼こそ、成功ですよね。
    それと、コネで使われたときこそはさらに
    気合は必要だなっと思いました。
    ※予断
    1・鉄道ファンではないのですが、
    運転席に入ること、もしくは運転の幇助のようなことは
    できないのではなかったでしたっけ・・・
    2・ネットの商売は現在SEOと広告とシステム構築で相当の売り上げ差が出ます。私も実際5件ほど運営していますが、1番価格が高くてもSEOなどでお金をかけたHPが売れます。このあたり、個人でされる場合とても大変です〜

  2. 運転室に立ち入れないのはは内規でしょう、営業運転でなく本線でなければ大丈夫という感じでしょうか。
    地方私鉄で運転体験というイベントが行われているのです。もちろん手を添えるような感じですが。
    ただそこで、中学生や鉄道ファンと同じ扱いでなく、5万払ってでも一人でやりたい、と思うお方はいるはずです。ひとりじめなら10万も可能だと思います。
    ネット通販はほぼ無理でしょう。何かゲーム性を高くするとか、よほどの付加価値がないと単なる価格競争で終わるでしょう。
    旅行会社の利益率は2%程度で薄利です。小さな旅行会社は星の数ほどあるようですがほとんどが赤字でしょう。大手だけが勝ち残っている状況でしょう。
    かといって、JTBの代理店じゃ単なる営業で終わりそうですし。
    他の事業で儲かってなど、どちらにしても社長の趣味でしょう。
    夢にしておきましょう。
    コメントありがとうございます。

コメントをどうぞ