ソフトバンクノススメ

ソフトバンクが加入者数5ヶ月連続純増で、ドコモがひとり負けという意外な展開になっている。
店頭で見かけた方はご存じでしょうが、いまソフトバンクは全機種頭金0円。
よく見ると、月賦の価格が書いてある。
簡単に言うと、2年契約したら毎月料金を還元しますよ、ということ。
おもに980円から3000円くらいまでの機種がある。
ソフトバンクの目玉のソフトバンク同士通話料無料のホワイトプランは月額980円。
たとえば、月賦980円支払い×24という機種を購入すると毎月980円の割引がある。
だから、月賦を払うと自動的に月額利用料が無料になる。
つまり、980円を毎月2年間払うだけになる。
(税や、いろいろな制度で料金は若干異なる。)
しかし月980円の機種はいわゆるベーシックな機種なので、ワンセグなどついている機種は月2200円くらいなどの機種になる。
これらの機種は毎月2200円割引になる。ホワイトプランで通話料1000円強にあててもいいし、他のプランにしてもいい。
ソフトバンクはどこの店で買っても価格がほぼ同じになった。
しかし、どうしても在庫処分をしたいときには月賦ではなく一括払いで安くするという荒技に出た。
つまり、一番安い機種でも980×24=23520円支払うことになる。
これを一括払いにして、9800円で販売するのである。これで、毎月980円の割引がされるのである。
つまり、店頭で9800円払えば、毎月7円のユニバーサル利用料のみで2年間(正確には26ヶ月)利用することができるのである。
23520円-9800円を店が負担しているのである。しかし店はソフトバンクから20000円くらいの報奨金が得られるので、それでも6000円強の利益が残るのである。
この通称スパボ9800円一括払い機種を家族で買うことにした。
問題はこの企画がヨドバシカメラなど量販店でゲリラ的におこなわれるということ。
あとは、10月12日よりユーザーを紹介すると双方に5000円というキャンペーンがおこなわれるのでそのときから具体的に行動を起こそう。

ディスカッションに参加

1件のコメント

  1. ピンバック: Aciphex medication.
コメントをどうぞ