Discover首都圏'07 -21世紀の船出プロジェクト-

Discover首都圏’07 -21世紀の船出プロジェクト-
というものを財団法人 広域関東圏 産業活性化センターがいろいろ企画している。
このプロジェクトの概要
>首都圏の八都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市)では、首都圏の広域観光振興を目指し、東京湾における旅客船運航実験、広域周遊モデルコースの策定や旅行商品化の促進、首都圏観光キャンペーンの展開、など5つのプロジェクトを展開します。
ようするに、例えば東京の人や埼玉の人が神奈川や千葉に観光に出かけたり、関東をもっと見直しましょうよということだろう。
そのなかに、東京湾で船舶を使った運航実験などがおこなわれ、昨日は当選した体験乗船をしてきた。
当選したのは、レストラン船のロイヤルウイングと、観光船マリーンシャトル。
ロイヤルウイングは一昔前の伊豆諸島に行く東海汽船の船くらいの大きさで総トン数2400トン。
船内はいくつかのレストランに分かれ、レストラン以外はほぼ居場所はない。
マリーンシャトルはおしゃれな遊覧船。
時間は12時からと17時過ぎからなので、間は大桟橋のイベントスペースで上記イベントを見たりビールを飲んでつぶした。
しばらくすると、松沢知事が登場。さすがに話すのうまい。そのあと各ブースで挨拶をしていた。
ニコニコして感じがいい。
県知事は政治家なんだよね。松沢知事も県議、衆議院議員をやってきている。
次も出馬するなら選挙があるわけだし、ニコニコするのは当然。
あたりまえだけど、なるほどなと思った。
政治家というと議員の気がするけど、知事や区長、市長などは「政治家」という感じがしないのはぼくだけかな。

コメントをどうぞ