体罰について

教師の体罰が原因で中学1年生の生徒が自殺してしまった。
いつも取り上げられる体罰は是か非か。
答えは実に簡単で、是でもあり非でもある。
塾や予備校などは教育現場ではないかもしれない。
しかし、大学も中退しているぼくは予備校講師に善くも悪くも影響を受けた。
自分が教える立場に立ったときにいろいろ考えた。
何人かの生徒をひっぱいたことがある。
これも答えは簡単、言ってもわからないから。
それは絶対に自分の感情をぶつけてはいけないと思ってた。
絶対的な上下関係はある。
親子そうだし、師弟だってそうだ。
絶対服従の世界はあるんだ。
民主主義がいつも正しいわけじゃない。
結局この結論に行きつく。
人の意見を聞かないオトナが行きつく四字熟語、自己責任。
実はおそろしい言葉なのかもしれない。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. ズバリ言われたんでしょうw

  2. 今言われるのはかまわないけど、人生が終わるときがこわい。
    ええ、もう終わっていますとも。

コメントを残す