残念なお店

家族で居酒屋にでかけた。
九州の料理が自慢で、いけすにはイカや鯖が泳いでいる。
フロアは一人、店長らしき人がやたらと話しかけてくる。
そのたびに話の腰が折れる。
一生懸命やっているだろうに、また来たいとは思わない残念なお店。
同じチェーンの別なお店では、大泉洋のような、ゆるい店長がさりげなく話しかけてきた。
ゆずすこ、というタバスコのような瓶に入った液体柚子こしょう。
「ボクはタバスコ感覚でたくさんかけて、失敗しましたよ~」と言い残して去った。
他の対応もすごいゆるい感じ。
ただ、仕事はきちんとしているから、なんの不満もない。
ゆるく仕事をしているように見える、ぼくもそうです。
添乗はゆるくてもいいんです。楽しむのはお客様だから。
お客様を楽しませよう、そんなのはおごりです(言い訳)