京浜急行大師線

京急川崎から小島新田までおよそ6キロまでのローカル線のような扱いだが、実はここは京浜急行の発祥の地であり、明治32年に大師電気鉄道にさかのぼる。
路線の最高速度は60キロ、川崎大師の参拝客と工場労働者の利用が多いが、興味深い駅も多い。
京急川崎を出ると次は港町、ここは美空ひばりさんのここは港十六番地の場で、駅には碑も残っている。
次の鈴木町はずっと昔は「味の素前」で、その名の通り今でも味の素工場が鎮座している。
川崎大師最寄り駅の大師前、東門前(ひがしもんぜん)を通って産業道路という珍しい駅名、ここから一時的に単線になって、終点の小島新田に到着する。
このあたりは地下になることが決まっていて、マンションも建ち並び工業地帯というイメージを一新するのかもしれない。
ロングレール無縁で、ガタンゴトンのローカル線のようなレールの響き。
京急発祥の地でローカル線、普通列車ばかりの京急本線(浦賀までが本線)、大好きな赤い電車は奥が深い。
ずいぶん前の在りし日の1000形京急大師線