不二家

今は亡き炎の料理人こと、周富徳さん。
周さんは中華街で生まれて中華街に育った。
生涯でいちばんおいしかった酢豚があったそうだが、それは伊勢佐木町の不二家の酢豚。
クレイジーケンバンドの横山剣さんからその話を聴いたが、調べてみるといろいろわかった。
不二家は1910年に横浜市中区元町に洋菓子店を創業し、1922年に日本初のショートケーキを販売、さらに伊勢佐木町にレストランを開業した。
1938年に改装したレストランが、1階はパーラーやチョコレートやケーキなどの販売、2階は洋食、3階は中華、4階は宴会場だったそうだ。
ペコちゃんを起用したのが1950年なので、ずいぶん後になってからになる。
不二家というと銀座のイメージがあるが、発祥はヨコハマだった。
現在は文京区大塚に本社を置き、株主51%山崎製パンの子会社になってしまった。

Translate »