携帯電話の契約

うちは高層住宅なので、携帯電話の電波の状況が非常に悪い。それは、地上局のアンテナが傘のように下向きに電波を出しているからで、そのアンテナより高いといろいろな電波を拾ってしまい、かえって状況が悪くなる。3本立ったかと思うと通話していると突然0本になって切れることが多い。
そこで、auからフェムトセルというものを無料レンタルしている。そのモデムのようなものはインターネット経由で回線を確保するもの。

auのWebサイトより

フェムトセルと通信して、フェムトセルはインターネット経由で電話線につなぐようなイメージ。

今春3月で3G用フェムトセルの運用中止
3Gの停波はまだ先だが、一足先にフェムトセルは使えなくなる。機種変更をするか、フェムトセルを使わないようにするしかない。
auから電話がかかってきて、次のような条件で機種変更しますよと。

手数料3000円無料
機種代金16200円(半額)
毎月割600円

36回払いの分割で、一ヶ月450円払うとauの料金を600円割り引きますよと。
24ヶ月ごとの契約なので、そのとき解約やMNP(ドコモなどへ変更)すると、450円×12ヶ月払うことになりますよと。
実質、36ヶ月縛りのようなもの。
それでも毎月の支払いは1000円を切るので、妥協する。いつものように、最初の月は5分間どこへかけても無料の、スーパーカケホとやらに加入しないといけないらしい。

さらに問題は、父の名義でも契約していて、ハートフル割引(障がい者割引)を適用していて、いずれにしても本人が電話しないといけない。それは不可能。
はじめに父が話して、あとは母にやってもらう。料金プランの変更があるので、また電話をしないといけない…

非常に煩雑でわかりにくい携帯電話の料金プラン。利権が膨大なだけに各社がしのぎを削っていて、もはや誰も理解していないレベル。そんな世界には極力お金を払いたくない。