ウイルスとは

生物学的な定義ではウイルスは生物ではない。つまり、生きてはいないとも解釈できる。理由は代謝ができないから。代謝というのはエネルギーを作り出すということで、動物なら食物を消化して、植物は光合成で作り出すことができる。ところがウイルスは宿主(寄生する相手)から奪い取る。
決定的に生物と違うのは、DNAかRNAの一方しか持っていないということ。例えば、ヒトは細胞ひとつひとつの核などにDNAが含まれていて、それをRNAがコピーをしてタンパク質を合成する。ウイルスは自分のRNAを使って例えばヒトにタンパク質を合成させる。結果的に細胞は破壊されてしまったり、変性してしまう。
細菌類は生物であるので、DNAとRNAを持っていてタンパク質合成はヒトと大差はない。
ウイルスは生物ではないとしても、増殖して増やすという目的を果たすということでは生物のようにも思える。新型コロナウイルス、新型であるので増殖の過程もまだわかっていないだろうが、これからも新型コロナウイルスが発生する可能性も考えるとたかがウイルス、恐ろしい。