Rakuten mini 交換へ

Rakuten miniが総務省に無断で端末が利用する周波数帯を変更した。
携帯電話はひとつの電波でやりとりするのではなく、いくつもの電波帯を利用するようになっている。それは、会社によって周波数帯が割り当てられているから。それは世界的にも同じで、日本で発売されている端末が世界で利用できるのもそのおかげ。

楽天がやってくれたのは、Band1という国内ではドコモやソフトバンクが使用している周波数帯を削除して、Band6を追加した。
楽天の説明では、楽天の周波数帯を利用するには影響ありませんよと。アメリカで多く使われているBand6を追加することで、アメリカでより使いやすくしましたと。

ところが、楽天を解約して格安SIMなどと契約してその会社がドコモの回線を利用していたとすると(とするとというより大半)その周波数帯が使えない。
つまり、Band1を削除することで将来楽天をやめて他の回線に乗り換えたときに楽天以外使えなくしたのではないかといわれている。

総務省にも叱られて、楽天は希望者にはBand1に対応したものと交換するということになった。サポートに電話すると、比較的すんなりと交換してもらえることになったが、交換の時期は10月以降。色はなるべく同じにするが約束できないと。

Band1に対応しているのは現在販売されている端末ではなく、初期のロットの端末。なのにどうして10月になってしまうのだろう。現在品切れ状態で新たに購入するのは10月とあるが、どうしてそれと同じなのだろう。考えてみれば在庫があるとも思えないし、交換といっても何と交換するのだろう。不思議だ。

端末としては小さすぎて使いづらいので、どうでもいいといえばどうでもいいのだけれど。今の契約なら海外でも使えるのでそれは魅力的だから。
次の海外旅行がいつ、どこへなのかもまったく不明なのだけれど。