ビンチョウマグロ

回転寿司でおなじみのビンチョウマグロ。
よく食べるものなので調べてわかったこと。

マグロの中では小型なもので大きくなると2メートルくらいにはなるものの、主に獲れているのは60センチから1メートルくらいとちょうどカツオくらいの大きさ。

名前の由来のビンとは、もみあげのあたりの髪の毛を指し、もみあげをカールさせるのが流行し、そのとき鬢(びん)付け油というものを利用した。

胸ビレが鬢(びん)が長いように見えるから、ビンチョウマグロまたはビンナガマグロという。

胸ビレはエラのあたりから後ろに向かっているヒレ。

身は白っぽく脂がのっていてもさっぱりしていて旨味が少ないが、冬に脂がのったものが冷凍されて流通する。
ペットフードやツナ缶に加工されることも多い。

季節によって変動するが、1キロ1000円くらいでマグロの中ではいちばん安い。

よく行く回転寿司でも一皿2貫で140円。かっぱ寿司などは100円で食べることができる。

これは三皿分

三皿一度に頼むとお皿が3枚重なって手渡される。