津田沼をうろうろ

JRで津田沼まで行く。ここはJR津田沼から外を2~3分歩いたところにある新京成線の新津田沼駅。次の駅の京成津田沼には歩いて15分くらいかかる。

イトーヨーカ堂に直結している。なかなかの品揃え。
線路の反対側に行くと、イオンがあって、イオンはさらに巨大でびっくり。イオンとなっているけれど、イオンモールに近い感じ。

もとのバーコードの上に貼ってしまっていて、次の割引はこのバーコードを読み取るから、半額になっても200円前後にしかならなそう。作業をする人はルーチン作業で気がつかないから。
レジの人は明らかに間違った値札のものでもそのまま通して気がつかないし。このバーコードはレジの人も気がつかないし、次に割引シールを貼る人が気がつくかどうか。

さらに住宅地を抜けて30分歩いたところにマルエツがあって、もちろんそこにも行ってみたが、特に買うものはない。
自宅からいちばん近いマルエツは今まで行ったマルエツでトップクラスに劣っている。

久しぶりに飲み放題

コースメニューにしなさいとお達しがあったから。コースには飲み放題がついている。ビールはサーバーの手入れが悪く金属臭がするし、ワインは前回10円セールだったものと同じ、冷蔵庫に入った薄い味のやつ。ウイスキーもハイボール10円のときのものと同じだろう。ウイスキーも焼酎も銘柄を示さないということは、おそらく市販されていない業務用のペットボトルのやつ。
スパークリングも氷を入れてしまうレベルだし、結局ビールしか飲めるものがない。
880円飲み放題もやっていたけれど、それにはビールが入っていない。なおさらビールばかり飲もう。
料理は前菜、サラダ、ペンネ、鶏肉、デザートでどれも甘くてがっかり。このお店おいしい、という人ももちろんいるだろうが、バルが好きというような人にはハウスワインのレベルも含めて評価されなそう。
問題は店の人はおいしいと思って作っているのだろうから。
だからこそ調査会社があって調査員が率直に言うのだけれど。